teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お返事ありがとうございます。

 投稿者:めぐみ  投稿日:2017年12月25日(月)11時01分47秒
  ぼたんさん、お返事ありがとうございました。
そうですか、やはり時間が必要なんですね。

>きっと、めぐみさんも私のように回復してくる日がきっと来ますよ。
だから、望みは捨てないでくださいね。
経験者のぼたんさんから、そう言っていたただくと希望がもてそうです。

自分へのおまじないの言葉も大切だと思いました。
今日からさっそく自分に言ってみますね。

睡眠についてですが、夫の仕事の都合で夜の八時半には床に就きますが
すぐに眠りに入り、4~5時間くらいは熟睡している様です。
後は5時半まで3回程度、目が覚めますがまたすぐに眠っている様で
そのまま寝付けないで悶々としていると言う事はありません。
この病気になってから痛みに敏感になったのか歳のせいなのか
就寝中に目が覚めた時、腰や骨盤や膝に痛みを感じる事が多く
体の向きを変えたりクッションをあてたりして痛みをやり過ごしています。

やはりこの病気は時間薬と思って焦らない事が大切なんですね。
 
 

こんばんは

 投稿者:ぼたん  投稿日:2017年12月24日(日)20時01分31秒
  めぐみさん、はじめまして
うつ病のはじめの段階でお辛そうですね。
睡眠導入剤で寝る事は出来てますか。

うつになると、本当に気力もなくなりますし「無興味・無関心・無感動」にもなってしまいますね。
私の初めの頃に良く似ていらして辛い気持ちが伝わってきます。

主治医にも言われましたが、自分で経験してきて分かったことです。
うつには時間が必要みたいですよ。
時間薬とでもいうのでしょうかね。

急激に回復することはなくても、本当に一歩ずつ、徐々に良くなってきました、私は。
自分のおまじないの言葉「焦らない、諦めない、まだ出来るようになるさ」
で、自分自身を励ましてきたように感じます。

きっと、めぐみさんも私のように回復してくる日がきっと来ますよ。
だから、望みは捨てないでくださいね。

ご家族には甘えてやっていただきましょう。
ご家族だけでは駄目な時は福祉に頼るといいですよ。
私の場合は、家事関係はヘルパーさんの助けが大きかったです。

 

初めまして

 投稿者:めぐみ  投稿日:2017年12月24日(日)10時36分49秒
  ぼたんさん、初めまして。
鬱病関連のブログをめぐっていたら、こちらにたどり着きました。
私も昨年の秋あたりから不眠とイライラに悩まされてメンタルクリニックを受診し
安定剤と睡眠導入剤を飲むようになったのですが
今年になって職場環境が激変しストレスが強くなったのか5月には食事が摂れなくなりました。
一か月で3キロも体重が落ち先生に話したのですが、今飲んでいる薬は胃腸を活発にする薬効もあるからこのままで良い、と言われてしまいました。
その日、調剤薬局の薬剤師さんに市販の胃薬を合わせて飲んでいいか相談し問題ないと言われ一週間ほど飲み、少しづつ何とか食べられる状態になりました。
この事がきっかけで病院を変える決心がつき、8月に新しい病院に受診した所、鬱病だと言われ、抗うつ剤が処方されました。
しかし・・・目が回る、吐き気がする、体が動かない等の副作用が辛く3日目に急遽再受診。薬を替えてもらったのですが、頭痛と下痢がひどくて、やはり2日で断念。
先生からは、「そんなに辛いのに薬を飲みなさいとは言えないしねぇ」と言われ
現在は安定剤と睡眠導入剤を継続し胃薬・下痢止め・頓服で頭痛時の痛み止めを出してもらっています。
体調には波があり仕事がとてもつらい日がありましたし、職場のストレスも軽くなる見込みもなく、何か事を起こす前にと決断し11月末で退職しました。
以前は、ぼたんさんの様にガーデニングや花を見るのが好きでしたが
心がのっぺらぼうになった様で何も感じないし、何もやる気力もないし体力がありません。
夫が自営で自宅にいますので料理はお願いし、私は洗濯と簡単な掃除をこなす程度です。
ぼたんさんの闘病記録や新しいブログも拝見しましたが
私もいつか花や景色が楽しめるようになりたいなぁと願っています。
長文になり、失礼いたしました。
 

お日様、大事ですよね

 投稿者:ヘルミーネ  投稿日:2017年12月23日(土)18時17分2秒
  ぼたんさん、いつもありがとうございます。
やはりお日様にあたることは大事なことなのですね。

明日から、家族旅行の予定があります。夫と娘がいるので、安心して行ってこようと思います。
暖かいところで日に当たり、特に決まった予定もないので、ゆっくりしてくるつもりです。
 

こんばんは

 投稿者:ぼたん  投稿日:2017年12月21日(木)21時44分36秒
  優しい旦那さんですね。
一緒にお散歩してもらうと安心感がありますものね。

このお日様に当たるのは大切だそうですよ。
先生が良く言うんです「散歩してお日様に当たれ」って。
 

ありがとうございます

 投稿者:ヘルミーネ  投稿日:2017年12月21日(木)14時25分48秒
  ぼたんさん、いつも暖かい返信をありがとうございます。

ぼたんさんも、以前は診察の日はぐったりくたびれるくらいだったのですね。
実は私も、診察の日はいつも疲れて調子を崩していたんです・・・。

今は、待ち時間の長さも辛いので、
順番を聞いて、長い時は少し外に出ているようにしています。
こうすると疲れもだいぶ違うんです。

約1か月、いたたまれない不安感と闘ってきたせいか、
かなりのエネルギーを消費してしまったようで、また充電のやり直しです。

今日は、朝は6時に起きましたが、午前中少し横にならないといられませんでした。
夫が簡単な家事や掃除をしてくれて、
「少し日に当たらないとだめだ」と近場の散歩に連れ出してくれました。

ぼたんさんのおっしゃる通り、波が来た時は、逆らわないで無理せず過すようにします。

本当にいつもありがとうございます。
 

こんばんは

 投稿者:ぼたん  投稿日:2017年12月20日(水)20時50分51秒
  医者の言葉は時には、ぐさっと来て底に落とされるような感覚になりますね。
先生にしてみたら、ポツリと出た言葉かもしれませんがショックを受けたのは分かります。
うつでの診察は言葉だけだから余計にそうですね。

私は以前は、先生の一言、一言を聞きのがしまいとしてダンボの耳になってました。
そして、診察室を出た時にはぐったりとしていたものです。
最近は雑談も出来るぐらいになりました。

今日は調子のほうがいかがですか。
波が来ている時は逆らわずに、のんびりと過ごして欲しいです。
 

メンクリに行ってきました

 投稿者:ヘルミーネ  投稿日:2017年12月19日(火)18時09分28秒
  昨日メンクリに行って、薬が変わってからの異常な不安感を告げたら、
先生に「非常にまずい状態だから2週間おきに通院してくれ」と言われました。

お薬も中止したのを元に戻し、安定剤も増えて頓服も出されました。

私がショックだったのは、先生が
「私がヤブだから治療に失敗した。もっと本気であなたと向き合うべきだった」
とおっしゃったことです。

はっきりお話しする先生なので悪気がないのはわかりますが、
そういう言い方をされて、私はやはり・・・傷ついてしまいました。
今まで本気ではなかったのか?と・・・。

そのせいか、今日の日中は、電池が切れたように横になって過ごしました。

皆さん、やはり治療中はいろいろなことがあるのでしょうね。
うつの波もみなさん、越えていらっしゃるのでしょうね。

私は、今のところ医者を変えるつもりはありませんが、
ぼたんさんのお医者さんのように、会うとホッとするタイプの先生に巡り合いたかったです。
 

お話し、ありがとうございます

 投稿者:ヘルミーネ  投稿日:2017年12月17日(日)17時15分33秒
  まりもさん、お話してくださってありがとう!
いろいろ背負ってやってこられたのですね。
きっと、娘さんお二人も、とても優しいお子さんなのでしょうね。

うちの場合は、私は結婚が遅く(今は30過ぎでも遅くないのかな?)、
一人っ子の娘ももう30近いのですが、嫁に行く気配がありません。
海外転勤で中高をアメリカのシアトルで過ごしたので、
ただでさえ個性的だったのが、日本ではたぶん「変わり者」になっているでしょう。

でも、とても優しい子で、私は助けられています。
友人もいるので心配していませんが、結婚はもう縁に任せるしかありませんね。

私は、ちょうど更年期にあたる6年間を海外転勤でシアトルで過ごし、
帰国してからは、主人の病気(膵臓のがん)と治ってからの食事管理(手術で糖尿病になったので)、
同居の高齢の父の事故(右足重症)、その時ショックを受けて軽い認知症かと思われた母のケア・・・などが続き、
もう精一杯それらに対処していました。

そして、去年の春、ちょっとひと段落ついたところで急な不眠を発症し、
初め内科にかかっていたのですが、夏頃から心療内科(精神科)へ転院し、
うつ病の治療を続けています。

医者が言うには、「バッテリーがゼロなのに空ぶかしして走っていた状態」だそうです。

私はなかなかうつ病という状態が受け入れられず、辛くて辛くて、
ネットでもいろいろ検索してて、このぼたんさんのサイトに出会い、慰められました。

こうして同じ世代のまりもさんにも出会えて、心から感謝しています。

明日はメンタルクリニックに行く日なので、
抗うつ剤を変えてからの異常な不安感を相談してみるつもりです。

クリニック・・予約制なのですが、いつもすごく混んでて1時間以上待つのはざらです。
今はどこもそうなのでしょうか・・・。

長くなってしまってすみません。

お互いに体調に気をつけながら、寒さを乗り切りましょう。
お話してくださって、本当にありがとうございました。




 

ありがとうございます

 投稿者:ヘルミーネ  投稿日:2017年12月16日(土)17時07分15秒
  まりもさん、返信を頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございます。

うちの場合、家族(夫と娘)は理解があって協力もしてくれるのでありがたいのですが、
忙しく働いている娘が、家では私を気づかっていろいろやってくれたりして、
時々すごく済まないと思ってしまいます。
夫も、不器用ですが、出来るかぎりやってくれます。

それでも、主婦の仕事はきりがないので、時々疲れてしまいます。
超高齢(94と87)の両親と長い間二世帯同居なのですが、
そういう中での疲れもあると思います。
(おかげさまで、両親は今は元気で自立してくれてます)

そうですね、やはりメンタルクリニックの先生に相談して、
お薬などを考えてもらうようにします。

春から夏にかけてずっと調子が良かったのですが、
この10月に急に落ちたショックが大きいです。そのまま立ち直れない感じで・・。

まりもさん、ここでお話しできて本当に慰められます。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/2