teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 管理人用(11)
  2. ■灯火の会麻雀部■(40)
  3. 灯火の会 2007(332)
  4. 灯火の会 2012(63)
  5. 灯火の会 2006(123)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


29日参加します

 投稿者:ごま  投稿日:2017年10月22日(日)01時20分19秒
  地味なコスプレのサイト面白かったですw
コスプレが中途半端になりそうですが子どもと参加します。
よろしくお願いします!
 
 

稲刈り欠席です

 投稿者:またま  投稿日:2017年10月 2日(月)18時18分31秒
  ちょうど引っ越しがその土日になるので今回は欠席です
残念
 

旅行記

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年10月 1日(日)00時53分1秒
  読んでくださった方ありがとうございます。

昨年の大河ドラマは面白かったですよね。肝心の天地人はガッカリな内容だったので、昨年の遠藤さんは本当に良かった。三谷版で天地人作り直して欲しい。

三本足の鳥居を知ったのは我が家の家紋が抱き茗荷という曲がったタケノコが向き合ったような図案で、その由来とかを調べていたら、この紋が摩多羅神というルーツ不明の謎の神様のシンボルでもあるらしいということがわかり、関連の本を読んでいたら秦氏のことも書いてあったのが切っ掛けです。
この神さまも面白そうなんですが、情報なさ過ぎて、どの本も内容がほぼ作家の推測ばかりなのですが、それはそれでまたロマン(妄想)が膨らむ原因なんですよね。

みうらじゅんは全く思いつかなかったですが、見たら本当にみうらじゅんですね。もうみうらじゅんにしか見えない。楽器もってるし。
ムーは読んでないですが、やりすぎ都市伝説は欠かさず見てます。関暁夫の本とかも見かけたら思わず立ち読みしてしまいます。あと図書館も職員の人達はあまり購入した本をチェックしてないみたいで、歴史コーナーの棚でタイトルと表紙だけ見てジャケ借りしてしまうと、たまにとんでもオカルト歴史本とかを引き当てたりしてしまいます。面白かったからいいですけど。


四天王寺の鳥居は神仏習合の名残という人もいますし、ほかのお寺の鳥居はほぼすべて明治の廃仏毀釈を免れたものだと思います。
ただ、神仏習合が始まったのは平安時代からで、四天王寺の鳥居はそれ以前の創建当時(飛鳥時代)にはすでに建てられていたといわれているためオカルト関係の人達が邪推しているんですよ。
お寺の説明では仏教にも太陽信仰的な修行方法があって、春分秋分の夕日が鳥居の中心に来るよう建てられたということらしいですが、神道派の物部氏を倒すため四天王に願掛けをしたため建てたお寺なのに、仏教派の聖徳太子が神道のシンボルである鳥居を建てるだろうか?というのがオカルト学派の人達の疑問なわけです。

勝軍地蔵面白そうですね、近くに寄ることがあれば是非行ってみたいです。勝軍地蔵様は愛宕神の仏教で権現した姿らしいので愛宕神社に鳥居をお願いしたのかもしれませんが、聖徳太子が建立した大聖勝軍寺とかかわりあるのかも、とか思うと興味をひかれます。
 

(無題)

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月30日(土)23時52分11秒
編集済
  稲刈り参加します。
この間田んぼの前通りましたが、ジャックさんはやはり頭部の固定が甘かったようで空を見上げてしまってますね。藁もほつれてきてるし、処刑されて放置された死体っぽくなってて、まあ、ある意味ハロウィンらしいかな・・・。ごめんね・・・まゆ子さん。

地味コスプレ、私は「たまたま会場に集まった東京地検特捜部と報道記者の人」が好き。
本当に特捜部の人と記者さんだった。他の仮装も、写真見ただけではそこまで面白いと思わないのに、解説文読んだらツボにはいる仮装ばかりだった。

この記事見てて、昔天神であったハロウィン仮装パーティの会場で、腹回りに白いシーツを丸めて巻き付けてた東南アジア系の男性に「なんの仮装ですか?」と聞いたら
「Rice」
という返事が返ってきたことがあったのを思い出しました。
 

稲刈り参加します。

 投稿者:森タ  投稿日:2017年 9月28日(木)10時15分59秒
  コスプレ…というと、「工事現場の警備の人」とかそういうのではなく
ハロウィンぽいやつってことですかね。
ついこういうの↓を思い浮かべてしまいました。
http://portal.nifty.com/kiji/161101197952_1.htm
100均とかで、帽子とか買ったらいいかな。日よけにもなるしな。
 

稲刈り

 投稿者:ヤピコ  投稿日:2017年 9月27日(水)18時50分16秒
  10月29日(日曜日)に決まりましたのでお知らせします。
できればコスプレ稲刈りしたいと思いますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

時間は10時くらいからで、お昼はバーベキューです。
雨天時は稲刈り中止だけどバーベキューはしますので是非いらしてください!
稲の生育状態によっては稲刈りが11月にずれ込むかもしれまませんが、その場合もバーベキューの日にちに変更はありません。

準備の都合がありますので20日くらいまでに出欠をお知らせいただけると助かります。
よろしくお願いします!

 

あっちゃんの旅行記

 投稿者:ヤピコ  投稿日:2017年 9月24日(日)21時51分23秒
  今回も大変興味深く読ませていただきました。
しかしなんでそんなにオカルト説に詳しいのw
三本足の鳥居についてぐぐってみたんですが、所在についての記事はたくさんあるのに、由来についての記事があまり見つからないんですね。
まさにオカルト。
サザエの精についても興味が湧いたのでぐぐってみたけどサザエさんばっかり引っかかるわ。
中国語で探さないと駄目なのかな。

寺に鳥居がある件は、廃仏毀釈のせいだと聞いたことがありますがどうなんかな?
うちの近くに「勝軍地蔵」ってお地蔵様があるんだけど、そこも何故か鳥居があります。
地元には、廃仏毀釈運動の時に壊されないために愛宕神社にお願いして鳥居を置いてもらったという話が伝わっていました。
しかし廃仏毀釈運動が終わったあとに鳥居を撤去してほしいと頼んだけど撤去してもらえず今に至るらしい。
しかも、今でも地域の長老と呼ばれてる方々は折につけ鳥居の撤去をお願いしては断られているらしい。
まあ、ローマ神話の愛の神であるキューピッドをモデルにしたキューピーちゃんを太子2歳キューピーにしてしまう日本人なんですからいいじゃんと思ってます。
 

今回の旅行記も面白かったです!

 投稿者:ごま  投稿日:2017年 9月19日(火)23時20分45秒
  読みごたえありましたが、今回もあっちゃんの知識の豊富さと切り口、文体に笑わせていただきました。
つい行ったことのないところを旅行に選びがちですが、同じ県に毎年旅をするのも深まっていいものですね!
奈良や京都は見所が多いので、一回の旅行じゃ消化できないしね。

今回も天理教関係に行ったのね~ あっちゃんが紹介すると、すごい面白い場所に感じて行って見たくなったよ。
私はさざえの精がみうらじゅんに見えてしかたなかったです。

やたら、カルト界のことにも詳しくて、あっちゃんは「ムー」愛読者?と思ってしまいました。
 

あっちゃんの旅行記おもしろかった。

 投稿者:森タ  投稿日:2017年 9月19日(火)13時43分44秒
  上杉景勝は、去年の真田丸で遠藤憲一さんが演じていて、とてもかわいかったよ。
直江の役者さんもイケメンで大人気でしたね。
去年の大河は面白かったなー。
古代から戦国まであっちゃんは造詣が深いなぁ。
オカルトネタも嫌いじゃないですよ。たいがいまゆつばだなーと思ったけど、三本足の鳥居は不思議だねぇ。
なんでこんな形に作ったのか、理由が想像できない。なぞの儀式に使われてそうだね。
 

蚊がいます(*_*)

 投稿者:ヤピコ  投稿日:2017年 9月18日(月)10時32分33秒
  蚊取線香を焚いていますが虫除けスプレー等準備されたほうがよろしいかと思います。  

今回も読み応えありそうですね!

 投稿者:ヤピコ  投稿日:2017年 9月18日(月)10時24分21秒
  現在案山子の準備中なので帰宅したら読みます!
元牛小屋の方で作業しますが、車は自宅の方へお願いしますm(_ _)m
晴れてよかったよー。
 

大阪編ラスト

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時20分4秒
  最後に天王寺から電車で20分ほど離れた八尾にある大聖勝軍寺へ行ってきました。物部との闘いの最中、聖徳太子はこのあたりで「もし物部に勝たせてくれたら、四天王を祀る寺を作る」と祈願したらしいです。この山門の前に守屋の首洗い池があるそうですが、わかりませんでした。
お寺にいたぐっすり眠る猫。関西は観光客が多くて餌をあげたりしているのか、猫が至る所にいて、4日間猫を見ない日はないというくらい、どこの神社やお寺にも猫がいました。

これで旅日記はおしまいです

そろそろヤヒロ家へ向かおうと思います。
 

幸村ツアー3

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時18分8秒
  幸村最後の地、安居神社
こちらの神社は少彦名神という医薬の神様と菅原道真公が御祭神なのですが、境内は幸村一色。そのうち幸村が御祭神になりそうです。というかすでに絵馬の絵柄が六文銭だし、幸村のイラスト書いてる人たちがチラホラいるし、ここで手を合わせてる大半の人は幸村にお参りしてそうです。夏の陣巡りはここまでです
 

幸村ツアー2

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時16分47秒
  茶臼山のすぐそばにある一心寺、写真は山門のモダンな仁王像。この寺の有り余る財力を見せつけるかのような山門のモダンな仁王像と二枚目は徳川家康が、真田幸村に追い詰められた時、霧を吹いて窮地を救ったと云う伝説の霧降の松。もう枯れてしまってますが写真中央が霧降の松です。
 

(無題)

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時13分35秒
  今回大阪では聖徳太子の足跡をめぐるつもりでしたが、四天王寺で「大阪夏の陣スタンプラリー」というポスターをみかけ、すべて四天王寺から歩いて回れそうだったのでスタンプは集めませんが「大阪夏の陣」を巡ってみました。

冬の陣では家康が、夏の陣では真田幸村が本陣にした茶臼山。
山と言っていますが、ここは古墳で、日本書紀に「四天王寺を難波の荒稜(あらはか)に造った」とある荒稜が茶臼山のことらしいです。
しかし山頂は真田の旗が翻っており、ムードはすっかり真田幸村本陣です。

ちなみに冬に陣で幸村が活躍した真田丸は茶臼山から2kmほど離れた場所にあります。上杉景勝が徳川方として指揮をとった大阪冬の陣最大の激戦区、鴫野・今福も真田丸に近いので次回行ってみたいと思います。
 

四天王寺グッズ

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時09分3秒
  お守りなどは一年でもとの神社やお寺にお返しするものだと聞いて以来、旅行先で神社仏閣にいってもお守りや開運グッズは買わないようにしてきました。
でもその戒めを破ってしまうほど我を忘れて思わず購入してしまったのがこの「十七条憲法お守り」と「太子2歳キューピー」

十七条憲法お守りとか、いったい何から何を守ってくれるのか見当もつきません。十七条憲法改正派から十七条憲法を守ってくれるのでしょうか・・・・。
ついでに「憲法九条」お守り(護憲派向け)とか「憲法九条・改」お守り(改憲派向け)とか作ったら売れそうです。
お守りの色は赤と紫があったのですが、日本の義務教育を受けたものとしては官位十二階の中で最高位の紫を選ぶしかありません。

太子2歳像のキューピーちゃんの元ネタは南無仏二歳像です。これは太子が2歳のとき、東に向かい手を合わせて「南無仏」と唱えたという伝説にちなんで作られたものです。仕事を選ばないことにかけてはキティさんにも劣らないキューピーちゃんですが、このキューピーちゃんノーマル態とほどんど変わらぬこのお姿は、まさに天職。
この像を拝むと知恵を授かり長寿と健康をもたらされるそうなので、机に飾って拝むことにします。
 

大阪編

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時03分57秒
  JR天王寺駅から徒歩10分ほどのところに四天王寺という聖徳太子が建立したお寺がありますが、ここもオカルト的にはかなり胸が熱くなるお寺です。
太平記によると楠木正成は四天王寺に保管してあった聖徳太子の予言書「未来記」を読み後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒すことを知ったといわれています。

聖徳太子の予言書の実物は現在存在しておらず、その他の文献に時々その名前がでてくるだけの幻の書という厨二心くすぐられるこの設定。
この予言書には平安京への遷都も書かれており、さらにその1000年後に黒船が来訪し東京へ皇居が移動することも予言されていたといいます。さらに東京への移動から「二百年過ぎた頃、クハンダが来るため、その東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう……」という終末予言ともとれる内容も記されていたそうですよ、コワイですね~。

写真は四天王寺の鳥居。寺なのに何故鳥居が・・・という所もミステリーの一つになっています

 

アベノハルカス

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時01分24秒
  この日夕方から雨が酷くなるという予報だったので早めに大阪へ移動。天王寺駅近くのホテルに宿泊したのですが、ホテルがアベノハルカスのすぐそばで、雨も全く降らなかったので展望台へのぼってみました。写真は展望台から撮影。この写真を撮った直後カメラのバッテリーが切れてしまったため、写真はこれ一枚だけです。
 

京都編4

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)10時00分5秒
  この日の〆は血天井で有名な養源院。血天井というのは文字通り血の付いた天井のことですが、この天井は元は伏見城の床板でした。
関ケ原の戦いの前に圧倒的な兵力で攻めてきた石田三成を10日間の激戦でくい止め、最後は自決して果てた徳川方の兵士380名の血が染みついた伏見城の床板をはがし、天井板にして冥福を祈るために再建されたのがこの養源寺です。

天井板自体が黒ずんでいるので、ガイドさんに説明されないとよくわからなかったのですが、だんだん人の姿や手形を認識するようになると、怖いというより、数百年前に実際に生きていて戦っていた人たちの姿を直にこの目で見ていることに、何とも言えない不思議な衝撃を感じました。
 

(無題)

 投稿者:ATUKO  投稿日:2017年 9月18日(月)09時56分59秒
  今回京都での最大の目的はここ、「上杉景勝屋敷跡」
上杉景勝というのは上杉謙信の甥で謙信の跡を継いで上杉家の当主になった人物です。数年前大河ドラマになった直江兼続が使えた主人でもあります。そのせいか、解説では「直江兼続もここに出入りしていたと思われる」といった書き方で完全に直江兼続のおまけ的扱いをされていますが、当時は(贔屓目に見て)トップスターと言ってもいいくらいの人気ぶりだった人です。その証拠に関ケ原の後、詫びを入れるために家康の所へ来た景勝を一目見ようと他の大名達が控室の前に押し寄せ景勝を覗き見しようとしたので、困った徳川方が「景勝公人見知りにつき」という立て看を建てて大名達を出入り禁止にしたというエピソードをお持ちの方なのですよ。
そんな往年のスーパースター景勝公のお宅跡を一目見たいという想いが強すぎたのか、ついつい石碑の前で写真を撮りまくっていたのですが、ここは現在普通の民家が立ち並ぶ路地でこの石碑も賃貸アパートの前に建てられていたので、住民らしきおばさんに睨まれてしまいました・・・・。そりゃあ睨むよね、自宅にカメラ向けられていたら。外国人観光客のマナーの悪さを耳にするたび眉をひそめていましたが、他人のふり見て我がふり直せという言葉が身に染みた一件でした。でもこんな石碑建てたら写真撮っちゃうでしょ!ふつう。文句なら石碑たててくれたライオンズクラブに言えよ!とか言って本当に撤去されたら悲しいので次回からは気を付けようと思いました。
ちなみに石碑のある町名は弾正町というのですが、これは景勝の官職名からきてるようです。
 

レンタル掲示板
/153