投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. チアリーディングTV情報(145)
  2. 「大会チケット、余っていませんか?」「大会チケット、必要な方いませんか?」(99)
  3. チアリーディング新聞雑誌記事情報(32)
  4. チアダンスの話題(7)
  5. 原曲を探す(14)
  6. 北海道選手権大会2010(5)
  7. チアシューズ売ります。(0)
  8. 注目のTeamは?(35)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第28回北海道選手権大会 兼 日本選手権大会北海道地区予選

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月15日(土)11時28分51秒
  明日7月16日(日)は日本選手権大会(JAPAN CUP)北海道地区予選を兼ねる北海道選手権大会が開催されます。これで地区予選は全て終了し、本大会出場チームが全て出揃うことになります。
大会の詳細については、末尾のリンク先を参照願います。結果についても大会終了後に掲載されると思われます。

http://www.fjca.jp/user_data/competition_detail.php?contest_id=211

 

第12回東北選手権大会 兼 日本選手権大会東北地区予選

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月 8日(土)19時15分10秒
  東北選手権大会の詳細については、末尾のリンク先を参照願います。結果についても大会終了後に掲載されると思われます。

http://www.fjca.jp/user_data/competition_detail.php?contest_id=212

 

第24回九州選手権大会 兼 日本選手権大会九州地区予選

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月 8日(土)19時12分7秒
  明日7月9日(日)は日本選手権大会(JAPAN CUP)九州地区予選を兼ねる九州選手権大会、および東北地区予選を兼ねる東北選手権大会が開催されますが、管理人は見に行けません。悪しからずご了承願います。m(_ _)m
九州選手権大会の詳細については、末尾のリンク先を参照願います。結果についても大会終了後に掲載されると思われます。

http://www.fjca.jp/user_data/competition_detail.php?contest_id=208

 

第17回中国四国選手権大会 兼 日本選手権大会中国四国地区予選

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月 1日(土)21時04分5秒
  明日7月2日(日)は日本選手権大会(JAPAN CUP)中国四国地区予選を兼ねる中国四国選手権大会が開催されますが、管理人は見に行けません。悪しからずご了承願います。m(_ _)m
なお、大会の詳細については、末尾のリンク先を参照願います。結果についても大会終了後に掲載されると思われます。

http://www.fjca.jp/user_data/competition_detail.php?contest_id=203

 

第19回関東選手権大会 兼 日本選手権大会関東地区予選 プレイバック(Part 4:最終)

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月 1日(土)20時59分2秒
  最後は3日目のスタンツ演技競技です。
なお、チーム名の前に付いている○とか×の記号は、それぞれ以下の意味です。
 ○:日本選手権大会進出
 ×:地区予選敗退

---------------------[第19回関東選手権大会]---------------------
-----------[JAPAN CUP 2017 日本選手権大会関東地区予選]----------
(2017年6月25日=東京体育館)

【スモールグループス演技競技】
<女子部門/社会人の部>
第1位 ×[ 2] クラブチーム ツイスターズ/TWISTERS(東京都)
出だしのレイアウトダブルツイストで観客を沸かせたが、続くリワインドエクステンションヒールストレッチ→270度回転からのエクステンションスコーピオン→スイッチヒールストレッチ→スイッチヒールストレッチが揺れた。さらにエクステンション落としと、今一つ調子を取り戻せなかったが、後半は1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチ、ラストのXアウト→エクステンションリバティからのフルツイストスイッチと、見せ場も作った。

第2位 ×[ 1] チアリーディングチームREGULUS/REGULUS(神奈川県)
出だしのXアウトからエクステンションリバティ→ヒールストレッチに何とかもっていきツイストディスマウント。ワンハンドキューピーからはエクステンションアラベスクにもっていきツイストディスマウント。バックフリップからはエクステンションボーアンドアロー→ツイストディスマウント。後半はグランドアップエクステンションスコーピオンからスプリットを経てエクステンションキューピーにもっていき、揺れたが何とか残した。ラストはトータッチアップでのエレベーター。

第3位 ×[ 3] チアリーディングチーム BUBBLES/BUBBLES(東京都)
出だしのレイアウトツイスト→エクステンションリバティスイッチヒールストレッチは何とか持ちこたえ、リワインドエレベーター→スプリット→ツイストエレベーターも決めたが、その後は落下の場面が目立った。トップが足にサポーターを巻いていたようで万全のコンディションでなかったのかもしれないが、、、。

<女子部門/高等学校の部>
第1位 ○[11] 千葉明徳高等学校-A/HOPPERS-A(千葉県)
第2位 ○[ 1] 千葉明徳高等学校-B/HOPPERS-B(千葉県)
第1位となったAのほうは、出だしのレイアウトダブルツイストからリワインドエクステンションヒールストレッチスイッチ→ダブルツイストディスマウント、続く倒立→リワインドエクステンション→スプリット→ツイストエクステンションヒールストレッチ→前転ディスマウント、ツイストエクステンションスコーピオン→前転ディスマウントと、次々と技を決めていった。後半もトスアップスプリット→エクステンション→ツイスト→リバティに続き、ラストのレイアウトツイストからのシングルエクステンションと、見せ場を多く作った。
第2位となったBのほうは、出だしのレイアウトダブルツイストからリワインドエクステンションリバティ→スプリット→ツイスト→エクステンションリバティ→ツイストディスマウント、続くレイアウト→バード→前転スプリット→ブランコ上げ→エクステンション→ツイストアラベスク→前転ディスマウントと、順調な演技運び。さらにXアウトを挟んで1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチスイッチをキッチリ決めてツイストディスマウント。終盤ではエレベーターからダブルツイストで観客を沸かせ、ラストのフルツイストエクステンションキューピーに。
いずれもノーミスで関東地区予選通過を決めた。

第3位 ○[14] 東京高等学校-B/JUICES-B(東京都)
○[ 9] 東京高等学校-A/JUICES-A(東京都)
Aのほうは、出だしのレイアウトダブルツイストに続き、リワインドエレベーター→リロード→エクステンションヒールストレッチスイッチ→スイッチを決めてダブルツイストディスマウント。エクステンションスケール→前転ディスマウントに続いて、前転からエクステンションに上がろうとしたが落下。しかしすぐに立て直し、レイアウトツイスト、1.5回ツイストエクステンションアラベスク、レイアウトツイストを見せ、ラストのシングルエクステンションキューピーまで持ちこたえた。
第3位となったBのほうは、出だしのレイアウトダブルツイストからダブルツイストエクステンションヒールストレッチ→ダブルツイストディスマウント、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ→ツイストトータッチディスマウントと、ツイストを多く取り入れてきた。レイアウトに続き、倒立からリワインドエクステンションリバティにもっていった。次の技で落下があったものの、すぐに立て直し、レイアウトツイストに続いて前転入りエクステンションアラベスクを決めた。ラストはリロードやトータッチなどを絡めてエクステンションスコーピオンに。

○[ 2] 目白研心高等学校-B/POLARIS-B(東京都)
×[ 5] 目白研心高等学校-A/POLARIS-A(東京都)
Aのほうは、出だしのレイアウトダブルツイストに続いてリワインドエレベーター→エクステンションヒールストレッチスイッチ→ダブルツイストディスマウントを決め、続く1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチ→バード→エレベーター→前転ディスマウント、トスアップスプリット→エクステンションスコーピオン→スケールと順調に決めていった。終盤は伸身バスケットトスに続いてラストのタンブリングからのエレベーター→エクステンションリバティにもっていったが、キメにもたついた。
Bのほうは、出だしのレイアウトダブルツイストからエクステンションヒールストレッチスイッチ→ダブルツイストディスマウントをキッチリ決めると、エクステンションキューピーを揺らしながらも何とか残しツイストディスマウント。トスアップスプリットからのエクステンションヒールストレッチ→ツイストディスマウント、レイアウトダブルツイスト→1.5回ツイストスプリット→ブランコ上げ→エレベーター→前転ディスマウントと順調に決め、終盤でもトータッチエクステンションを何とか残してラストの1.5回ツイストエクステンションアラベスク→スイッチボーアンドアローにもっていった。

×[ 3] 成立学園高等学校-B/TIARAS-B(東京都)
×[10] 成立学園高等学校-A/TIARAS-A(東京都)
Aのほうは、出だしの伸身バスケットトスに続いてリワインドエレベーター→フルツイストエレベーター→エクステンションヒールストレッチにもっていったが、そこからのスイッチ技で落下。しかしすぐに立て直し、1.5回ツイストエクステンションキューピー、エクステンションヒールストレッチ→ツイストディスマウント、Xアウト→エクステンションリバティ→スイッチアラベスク→キューピー→スプリットとキッチリ決めた。ラストはシングルエクステンションからリロードを絡めてエクステンションボーアンドアローに。
Bのほうは、出だしのXアウトから1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチにもっていきツイストディスマウント。エクステンションリバティ、レイアウト、前転入りエレベーター→エクステンションヒールストレッチ→前転ディスマウントと順調に決めていった。続くエクステンションリバティスイッチは落とし、少し間が空いてしまったが、バスケットトスダブルトータッチからトータッチでエクステンションリバティにもっていき、ラストはリロードからエクステンションに。

×[ 4] 広尾学園高等学校/THUNDERS(東京都)
出だしでいきなりレイアウトダブルツイストからの1.5回ツイストエクステンションを落としたのを皮切りに、トータッチエクステンション落とし、エレベーターからのツイストエクステンション落としと、中盤までほとんどのエクステンションを落としていた。キックダブルの後に上げたリワインドツイストエクステンションヒールストレッチとラストのエクステンションヒールストレッチ以外以外に見せ場を作れず。

○[ 6] 女子聖学院高等学校/VIGORS(東京都)
出だしはレイアウトツイスト。1.5回ツイストエクステンションリバティスイッチ→ヒールストレッチスイッチを決め、Xアウト→トータッチエレベーター→ツイストエクステンションアラベスクは崩れかけながらもよく残した。トスアップスプリット→ツイストエクステンションキューピー、レイアウトに続き、ラストはタンブリングからのリワインドエクステンション。

○[ 7] 横浜女学院高等学校-A/GAZELLES-A(神奈川県)
×[12] 横浜女学院高等学校-B/GAZELLES-B(神奈川県)
Aのほうは、出だしのレイアウトツイストから倒立→エクステンションヒールストレッチスイッチ→キューピー→前転ディスマウント、ダブルツイストエクステンション、トータッチエクステンションヒールストレッチ→ダブルツイストディスマウントと、大技を次々と決めた。レイアウトからは1.5回ツイストエクステンションキューピーに。終盤は後方宙返りのバスケットトスからトスアップスプリット→ツイストエクステンションアラベスクにもっていった。ラストで落下があったものの関東地区予選通過を決めた。
Bのほうは、出だしのXアウトに続き、1.5回ツイストエクステンションリバティ→リロード→ツイストエクステンションヒールストレッチ→前転ディスマウント、キックダブルを決めたが、1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチからのスイッチで落下。すぐに立て直し、トータッチエクステンションヒールストレッチ→ダブルツイストディスマウント、エクステンションスコーピオン→スイッチアラベスクを何とか決めた。ラストはバスケットトスから1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチに。

×[ 8] 八王子実践高等学校/BREEZE(東京都)
出だしのキックツイストからエクステンションリバティ→90度回転→アラベスクにもっていくと、前転、ブランコ上げでのエクステンションキューピーも決めた。その後もアラウンドザワールド、エクステンションリバティ→スケール→前転ディスマウント、バスケットトスパイク、エクステンションリバティ→ヒールストレッチと順調に決めた。ラストはエレベーター。

×[13] 正智深谷高等学校/GREEN TIGERS(埼玉県)
初めてのスモールグループス演技競技チャレンジ。出だしはバックフリップからエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ→ツイストディスマウント。続くリワインドエレベーター、バスケットトストータッチ、倒立前転からのエクステンションアラベスク→前転ディスマウントと順調に決めた。終盤はバスケットトスに続きタンブリングからラストのエクステンションに。

<男女混成部門/社会人の部>
×[ 1] チアリーディングチームREGULUS/REGULUS(神奈川県)
出だしは伸身バスケットトスでツイストも。ツイストトスアップエクステンションからフルツイスト→エレベーターともっていき前転ディスマウント。リワインドエクステンションリバティは何とか残した。次のスタンツは上げられなかったが、エクステンションヒールストレッチスイッチは何とか残し、ラストはXアウトから倒立を経てリワインドエクステンションキューピーに。

【ダブルス演技競技】
<社会人の部>
第1位 ○[ 2] チアリーディングチームREGULUS/REGULUS(神奈川県)
5月のCAIOCでもダブルス演技競技で優勝したが、今回も流石と思わせるコンテンツだった。出だしのツイストトスアップワンハンドキューピーからリロードを絡めてエクステンションヒールストレッチ→ダブルツイストディスマウントに。リワインドエクステンションからもリロードを絡めてワンハンドキューピースイッチにもっていき前転ツイストディスマウント。ツイストトスアップエクステンションキューピーからさらにツイストでアラベスクにもっていきダブルツイストディスマウント。倒立からリワインドでエクステンションヒールストレッチ→ダブルツイストディスマウント。ラストのワンハンドキューピーまでノーミス。

×[ 1] チアリーディングチーム BLUE LIONS/BLUE LIONS(東京都)
スタンツ演技競技のみのエントリー。出だしはワンハンドキューピーからエクステンションヒールストレッチ→ツイストディスマウント。続くフルツイストエレベーターからのツイストエクステンションは落としたが、以後のエクステンション→エレベーター→エクステンションヒールストレッチ→ツイストディスマウント、エクステンションアラベスクはよく決めた。ラストはエクステンションリバティ→エレベーター→ワンハンドキューピー。
----------------------------------------------------------------
 

第19回関東選手権大会 兼 日本選手権大会関東地区予選 プレイバック(Part 3)

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月 1日(土)19時00分33秒
  続いては3日目のDIVISION1高等学校の部についてです。

---------------------[第19回関東選手権大会]---------------------
-----------[JAPAN CUP 2017 日本選手権大会関東地区予選]----------
(2017年6月25日=東京体育館)

【DIVISION1】
<高等学校の部/自由演技競技>
優勝  ○[ 7] 千葉明徳高等学校/HOPPERS(千葉県)
出だしはトータッチジャンプとパイクジャンプ、そして全員での宙返りで観客を沸かせた。レイアウトダブルツイスト2基+レイアウトダブルツイスト、タンブリングシリーズを経て、ツイストエクステンションスコーピオン5基(ただし1基失敗)、走り込んでの2-2-1逆シャチ2基、ダブルツイスト1-1-1×2基+フルツイスト1-1-1→ヒールストレッチ3基と、序盤から見せ場を多く作った。中盤では時間差バスケットトス3基、4モーションを経て、アラウンドザワールド1-1-1+ショルダースタンド2基からのハーフツイストトータッチ1-1-1×2基をよく残し、さらにそこから3-3-2→両端トスアップ3-3-4に。リワインドエレベーター4基からはリロードを絡めてツイストエクステンションヒールストレッチスイッチ4基にもっていった。M2のダンスの後にも遠隔トスアップ1-1-1アラベスク2基という大技が待っていた。そしてそこから3-3-2→1-1-2+1.5回ツイスト1-1-1×2基にもっていき演技を締め括った。
JAPAN CUP高等学校部門2連覇を果たして今年で20年となるだけに、今年は大いに期待がかかることになろう。

準優勝 ○[20] 東京高等学校/JUICES(東京都)
出だしはタンブリングシリーズ。レイアウトダブルツイスト3基に続き、タンブリングからリワインドエレベーター4基→エクステンションヒールストレッチスイッチ4基、ダブルツイスト2-2-1×2基→1-1-1×2基+遠隔トスアップ1-1-1スコーピオン、さらに別のハイトップで1.5回ツイスト1-1-1を決めた。中盤ではツイストエクステンション5基で観客を沸かせ、4モーション、ジャンプを挟んで、トータッチ1-1-1×2基+ハーフツイストトータッチ1-1-1をキッチリ決め、そこから3-3-2→遠隔トスアップ3-3-4にもっていった。レイアウトダブルツイスト+レイアウトダブルツイスト2基、M2のダンスを経て、タンブリングからの1-1-1スコーピオン→スケール3基を決め、ラストはフルツイスト2-2-1→両端ハーフツイスト2-2-3でノーミス演技を締め括った。
なお、規定演技競技のほうは第2位。

第3位  ○[15] 目白研心高等学校/POLARIS(東京都)
出だしはレイアウトツイスト2基+レイアウトツイスト。タンブリングシリーズの後に1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチを1基落としたが、ダブルツイスト1-1-1×2基を何とか残してダブルツイスト2-2-1→両端トスアップ2-2-3を決めてからは調子を取り戻した。中盤ではレイアウト+レイアウトツイスト+キックトリプル、ジャンプ、4モーションを挟んで、アラウンドザワールド1-1-1×2基+ハーフツイストトータッチ1-1-1を決め、さらに別のハイトップでアラウンドザワールド1-1-1を決めた。ダブルツイストエクステンション4基はややキメ姿勢が乱れたが、M2のダンス、トスアップ1-1-1アラベスク2基を経て、ラストは2-2-1×2基→1-1-1×2基→3-3-2→両端トスアップ3-3-4を決めた。

×[ 1] 帝京八王子高等学校/HAWKS(東京都)
15名での演技。出だしはフルツイスト2-2-1、ハーフツイスト2-2-1を丁寧に決め、1-1-1ボーアンドアローに。バックフリップ→エクステンションヒールストレッチスイッチ3基もよく決めた。しかし中盤ではトスアップ1-1-1×2基+ステップアップ1-1-1→ヒールストレッチ3基にもっていこうとして1基を落とした。ラストのステップアップ3-3-2ビッグMも1トップが上がれなかった。平場のシャープさも今一つで、2013年から続いたJAPAN CUP出場を惜しくも逃す結果となった。

×[ 2] 中央学院高等学校/POP STARS(千葉県)
M1ではエクステンションリバティ→ヒールストレッチ3基に続きハーフツイスト2-2-1、トスアップ2-2-1を決めた。中盤ではトスアップ2-2-1×2基から1-1-1×2基+ステップアップ1-1-1→ヒールストレッチ3基をよく決めた。M2のダンスの後にはエクステンションリバティ4基を対角線上に並べた。ラストはステップアップ1-1-1×2基+トスアップ2-2-1。時間規則違反による減点を除けばほぼノーミスだったが、3年ぶりの地区予選敗退。

○[ 3] 広尾学園高等学校/THUNDERS(東京都)
出だしはキックダブル+1.5回ツイスト2-2-1。タンブリングシリーズなどを挟んで、レイアウトツイスト+レイアウト2基→エクステンションヒールストレッチスイッチ4基をキッチリ決めると、続くフルツイスト2-2-1×2基→1-1-1×2基+フルツイスト2-2-1も成功。中盤ではトータッチ1-1-1×2基をキッチリ決めて観客を沸かせると、続くトスアップ2-2-1×2基でも両ハイトップのフルツイストで観客を沸かせ、さらにそこから1-1-1ヒールストレッチ2基+トスアップ1-1-1ボーアンドアローに。M2のツイストエクステンションスケール3基、ダンス、トスアップ2-2-1シャチと順調な演技運び。ラストのピラミッドが総崩れとなったのは惜しまれるが、5月に同じ会場で行われた都高等学校総合体育大会での初優勝で勢いに乗っている様子はうかがえた。
なお、規定演技競技のほうは第3位。

×[ 4] 八王子実践高等学校/BREEZE(東京都)
M1ではエクステンションリバティ→ヒールストレッチ4基、ステップアップ1-1-1×2基→3-3-2を丁寧に決めた。中盤ではショルダースタンド3基+エクステンション2基からステップアップ1-1-1+トスアップ1-1-1→ヒールストレッチ3基にもっていった。エクステンションアラベスク4基、M2のダンス、2-2-1逆シャチ2基を経て、ラストはトスアップ2-2-1→両端ステップアップ2-2-3。ほぼノーミスだったが、フライデートーナメント進出はまたもお預けに、、、。

△[ 5] 蒲田女子高等学校/SHINES(東京都)
出だしはユニバーサル+トスアップ2-2-1。バスケットトストータッチ3基から時間差エクステンションキューピー3基→リバティ3基にもっていき、ショルダースタンド4基からはトスアップ2-2-1×2基に。中盤では[エクステンションL+ショルダースタンド]2基から1-1-1×2基+ステップアップ1-1-1に綺麗にもっていった。M2のエクステンションスコーピオン3基、ダンスなどを経て、ラストは2-2-1逆シャチ2基→1-1-1×2基+ショルダースタンド+ショルダーストラドル。ノーミスの出来で、今年もフライデートーナメント進出。

○[ 6] 武蔵越生高等学校/PANTHERS(埼玉県)
出だしはユニバーサル2基+レイアウトツイストに続きエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ3基を決めた。続くタンブリングシリーズでラインオーバーがあったものの、トスアップ2-2-1シャチ→1-1-1ヒールストレッチ2基、トータッチ2-2-1→ハイトップフルツイスト→両端ステップアップ2-2-3と、順調な演技運び。中盤ではフルツイスト2-2-1×2基をよく残し、トータッチ1-1-1×2基+ショルダースタンド、エクステンションスケール4基も決めた。バスケットトスの高さも光った。惜しむらくは終盤でフルツイスト2-2-1×2基のうち1基を崩しラストの4-4-3にもっていけなかったことだが、それでも準決勝進出は決めた。
なお、規定演技競技のほうは4年ぶりに第1位。

○[ 8] 成立学園高等学校/TIARAS(東京都)
出だしはXアウト3基から1.5回ツイストエクステンションヒールストレッチ3基に。2-2-1逆シャチ2基、トスアップ2-2-1×2基→1-1-1ヒールストレッチ2基+フルツイスト2-2-1などを順調に決め、中盤でも2-2-1、トスアップ1-1-1×2基→3-3-2→両端ステップアップ3-3-4ヒールストレッチなどを決めた。エクステンションヒールストレッチ→スコーピオン4基も綺麗に決めた。M2のダンスの後には3-3-1バードから1-1-1+ショルダースタンド2基にもっていった。ラストはトスアップ2-2-1→両端2-2-3に。ほぼノーミスの出来で準決勝進出を決めた。

○[ 9] 日本大学高等学校/CHERRIES(神奈川県)
出だしはレイアウト3基。タンブリングシリーズを挟んでエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ4基を決めた。続くフルツイスト2-2-1×2基のうち1基を崩したが、トスアップ2-2-1→両端トスアップ2-2-3は成功。中盤ではハーフツイスト1-1-1+ショルダースタンド2基、トスアップ1-1-1×2基+1-1-1→ヒールストレッチ3基などを順調に決めた。M2のツイストエクステンションアラベスク4基、ダンス、バックフリップ3基の後にはラストの1-1-1×2基+トスアップ2-2-1を見せるはずだったが、1-1-1のうち1基が上がらなかった。準決勝進出は決めたが、JAPAN CUPに向けては完成度の向上に課題を残した。また、先輩達の例から、準決勝を通過した後の決勝での演技運びもポイントになろう。

○[10] 横浜女学院高等学校/GAZELLES(神奈川県)
出だしはレイアウトツイスト3基。1.5回ツイストエクステンションリバティスイッチ4基をよく決め、フルツイスト2-2-1×2基→1-1-1ヒールストレッチ2基+1.5回ツイスト1-1-1も成功。中盤では2-2-1にリフトした後に、トータッチ1-1-1×2基+ユニバーサル1-1-1を見せようとしたが、そのうち2基が失敗。しかし以後には引きずらず、時間差バスケットトス3基→トータッチエクステンションヒールストレッチ3基を決めると、M2のダンス、トスアップ1-1-1アラベスク2基を経て、ラストはトスアップ2-2-1→両端トスアップ2-2-3を決めた。果たして今年も準決勝進出を決めた。さあ、今年こそは決勝に復帰を。

×[11] 東京都立国立高等学校/PERFECT STARS(東京都)
12名での演技。出だしはトスアップ2-2-1。サイスタンド→エクステンション2基ではリバティ→アラベスク。トスアップ2-2-1スプリットも決めた。中盤では2-2-1逆シャチに続き、ショルダースタンド+エレベーター2基からリロードを絡めてエクステンションリバティ+ステップアップ1-1-1を決めた。M2のハーフツイストエクステンションキューピー→リバティ2基、ダンス、バックフリップ2基などを経て、ラストはトスアップ2-2-1。

×[12] 神奈川県立横浜国際高等学校/FLIPPERS(神奈川県)
M1ではエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ2基+エクステンションヒールストレッチ2基をよく残し、続くステップアップ2-2-1→両端ステップアップ2-2-3も綺麗に決めた。中盤ではトスアップ2-2-1×2基がやや乱れたが落下はなし。ステップアップ1-1-1×2基+トスアップ1-1-1からはヒールストレッチ3基に。M2のエクステンションリバティ4基、ダンス、2-2-1シャチを経て、ラストはステップアップ2-2-1+ショルダースタンド2基→4-4-3。

△[14] 川崎市立高津高等学校/TROOPERS(神奈川県)
男子2名を含む11名での演技。出だしのトスアップ1-1-1ヒールストレッチをキッチリ決めると、タンブリングシリーズ、バスケットトスを挟んで、エクステンションリバティスイッチ2基、トスアップ1-1-1を決めた。中盤ではエクステンションヒールストレッチ+ショルダースタンド2基からトスアップ2-2-1にもっていき、さらにダブルベースサイスタンド+トスアップ1-1-1ヒールストレッチ、サイスタンド+エクステンション2基でのスコーピオン→アラベスク3基と順調に決めた。M2のダンス、レイアウトを経て、ラストはステップアップ1-1-1アラベスク+ショルダースタンド→フルツイスト2-2-1でノーミス演技を締め括った。
10年前にはJAPAN CUP高等学校部門第3位入賞を果たし注目を浴びたが、2年ぶりのフライデートーナメント進出。堅実さを前面に出す演技スタイルはそのままに、様々な意味で新しい歴史を刻む夏にしてほしい。

○[16] 神奈川県立住吉高等学校/LANCERS(神奈川県)
M1ではエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ4基に続きフルツイスト2-2-1×2基→1-1-1×2基+フルツイスト2-2-1を決め、さらに両端ステップアップ2-2-3にもっていった。中盤ではレイアウト2基+キックダブルに続きトスアップ1-1-1アラベスク、トスアップ1-1-1×2基+トータッチ1-1-1を決めた。M2に入ってツイストエクステンションスコーピオン4基のうち1基を失敗したが、終盤のトスアップ2-2-1シャチ2基、トスアップ2-2-1×2基→1-1-1×2基→3-3-2→両端ステップアップ3-3-4は決めた。
JAPAN CUP高等学校部門優勝4回など「公立校の雄」ともいうべき実績をもつチーム。今年はどこまで上位争いに食い込めるか。

×[17] 立正大学付属立正高等学校/FANCYS(東京都)
出だしでいきなりエクステンションを1基落としたが、続くステップアップ1-1-1×3基は落ち着いて決めた。中盤ではショルダースタンド6基からトスアップ2-2-1×2基にもっていき、各々180度回転してから[1-1-1L+ショルダースタンド]2基にもっていった。M2のダンスの後には2-2-1逆シャチ2基、4-4-1バードを経て、ラストの2-2-1+エクステンションスタグ2基に。完成度の向上が課題となりそう。

×[18] 東京都立東大和南高等学校/CRUX(東京都)
15名での演技。M1ではバスケットトストータッチ2基、バックフリップ+ショルダースタンド2基→トスアップ2-2-1などを順調に決めた。中盤でも、アラウンドザワールド2基→エクステンション2基+サイスタンド2基→アラベスク4基に続き、ショルダーストラドル+エクステンションからショルダーストラドル越えでエレベーターにもっていった。M2のダンスの後はバスケットトス2基からエレベーター+エクステンションヒールストレッチ2基にもっていった。ラストはスモール2-2-1でノーミス演技を締め括った。

×[19] 豊南高等学校/CYCLONES(東京都)
出だしのXアウト+トスアップ2-2-1、続くステップアップ1-1-1スケールはよく決めたが、以後はミスが続いた。エクステンションリバティ→ヒールストレッチ4基のうち1基を落とし、中盤ではステップアップ1-1-1×2基のうち1基を上げられず、3-3-2ビッグMも1トップが上がれなかった。ラストのステップアップ1-1-1×2基もそのうち1基を上げられなかった。ラインオーバーによる減点も悔やまれよう。来年はリベンジを。

△[21] 神奈川県立麻生高等学校/ZIPS(神奈川県)
15名での演技。M1ではトスアップ1-1-1×2基のうち1基が総崩れとなったが、中盤以後は調子を取り戻した。レイアウト+バスケットトストータッチ+バックフリップの後には、4モーション、全員バック転を挟んで、バックフリップ2基、トスアップ1-1-1×2基、トスアップ1-1-1ヒールストレッチ2基を決め、M2ではエクステンションスコーピオン3基も。ダンスなどを挟んで、ラストはフルツイスト2-2-1+エクステンション2基。
今年はフライデートーナメントからとなるJAPAN CUPだが、突破なるか。

×[22] 立花学園高等学校/RISE(神奈川県)
9名での演技。出だしはトスアップ2-2-1。エクステンション+エレベーターの上でリバティ→ヒールストレッチ2基を決め、ステップアップ1-1-1L+ショルダースタンドにももっていった。中盤ではエレベーターからリロードを経てエクステンションにもっていき、ショルダースタンド2基からも各々360度で、ステップアップ2-2-1に繋げた。M2のダンス、エクステンション+エレベーター上でのリバティ→アラベスク2基を経て、ラストはトスアップ2-2-1。ほぼノーミス。

×[23] 神奈川県立金井高等学校/LIVELYS(神奈川県)
出だしでいきなりエクステンションを1基落としてしまった。その後はエレベーター+ステップアップ1-1-1アラベスク、エクステンションリバティ3基→エクステンションリバティ+エクステンションヒールストレッチ2基、ショルダースタンド+1-1-1Lを決め、立て直したかに見えたが、中盤に入ってもショルダースタンド1基が落下、2-2-1×2基のうち1基が上がらないといったミスが相次いだ。終盤は3-3-1バードからラストのステップアップ3-3-2にもっていけたが、悔いの残る大会になったことだろう。

×[24] 静岡北高等学校/SHAKERS(静岡県)
11名での演技。出だしはバスケットトス2基。タンブリング、ジャンプを挟んで、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ2基を何とか残し、トータッチ+ショルダースタンド2基からのステップアップ1-1-2もよく決めた。中盤ではエクステンションスコーピオン2基、バスケットトス2基、4モーションを経てトスアップ2-2-1を決めたが、その後終盤にかけてステップアップ1-1-1総崩れなどのミスが続いた。ラストのステップアップ1-1-1ヒールストレッチ2基は決めたが、まだまだ課題は多いようだ。

△[25] 女子聖学院高等学校/VIGORS(東京都)
出だしはキックダブル+フルツイスト2-2-1。しかし、続くタンブリングシリーズと並行して上げるはずだったスタンツが上がらない場面があったのを皮切りにエクステンション落としなどのミスが続いた。中盤でもトスアップ1-1-1総崩れ。しかし2-2-1→両端ステップアップ2-2-3を決め、ツイストエクステンションアラベスク4基を決めてからは漸く調子を取り戻した。ラストはステップアップ1-1-1スタグ2基+トスアップ2-2-1。
フライデートーナメントで「全問正解」(VIGORS用語でノーミスの意)できれば準決勝進出も見えてきそうだが、、、。

×[26] 桐生第一高等学校/SPANKERS(群馬県)
13名での演技。出だしのバックフリップ2基に続き、ダブルベースサイスタンド+エクステンションヒールストレッチ2基を何とか決めた。ジャンプ、タンブリングを挟んで、アラウンドザワールド、ダブルベースサイスタンド+トスアップ1-1-1、トスアップ1-1-1+ショルダーストラドル2基と順調な演技運び。中盤でもエクステンション+ショルダースタンド2基を起点にトスアップ2-2-1→1-1-1アラベスク+ショルダースタンド2基にもっていった。エクステンション2基+サイスタンド上でのアラベスク3基はややキメが短くなってしまったが、ラストの1-1-1ヒールストレッチ+ショルダーストラドル2基まで落下なく持ちこたえた。

△[27] 横浜富士見丘学園中等教育学校/DEER(神奈川県)
9名での演技。出だしでエクステンションを1基落としたが、以後は落ち着いていた。タンブリングからの2-2-1を決めると、中盤でもバックフリップ2基、ジャンプ、4モーションを挟んでトスアップ2-2-1→1-1-1+ステップアップ1-1-1→ヒールストレッチ2基を決めた。エクステンションスコーピオン→スケール2基、M2のダンス、トスアップ2-2-1シャチを経て、ラストはフルツイスト2-2-1。

×[28] 大宮開成高等学校/TOPS(埼玉県)
15名での演技。M1ではバスケットトストータッチ3基からエクステンションリバティ→ヒールストレッチ3基にもっていこうとして1基落下、トスアップ2-2-1から両端ステップアップ2-2-3にもっていこうとして総崩れと、ミスが重なった。中盤では1-1-1×3基(うち2基はヒールストレッチに)を何とか上げたが、十分に立て直せていなかったようで、次のエクステンション3基のうち1基を落とした。ラストは3-3-2ビッグMを丁寧に決めたが、不本意な結果となってしまった。

△[29] 神奈川県立百合丘高等学校/DEEPARS(神奈川県)
出だしはレイアウトツイスト2基+レイアウトツイスト。タンブリングシリーズなどを挟んで、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ4基、ショルダースタンド越え腹乗せからの2-2-1シャチ2基、トスアップ2-2-1×2基→1-1-1ヒールストレッチ2基+ハーフツイスト1-1-1と順調な演技運び。中盤でもフルツイスト2-2-1、1-1-1×2基+ステップアップ1-1-1スコーピオンなどをよく決めた。M2のダンスの後はトスアップ1-1-1アラベスク2基+ショルダースタンド→3-3-2ビッグM(ただしキメがやや短すぎる)にもっていき、ラストはトータッチ2-2-1→ステップアップ2-2-3。
完成度をさらに高め、まずは昨年に続くフライデートーナメント突破を果たしたい。そして初の決勝進出を目指したい。

×[30] 国際基督教大学高等学校/FALCONS(東京都)
13名での演技。出だしはトスアップ2-2-1。エクステンションリバティ2基のうち1基を落としたが、以後は落ち着いてステップアップ1-1-1+ショルダースタンド+ショルダーストラドルなどのシリーズを決めた。中盤でもトスアップ2-2-1、ショルダースタンド2基+エクステンション2基→ステップアップ1-1-1×2基、エクステンションリバティ3基などを決めた。M2のダンスなどを経て、ラストは2-2-1+ショルダースタンドスタグ2基。

×[31] 細田学園高等学校/CACTUS(埼玉県)
出だしでステップアップ3-3-2から1トップが落下したのを皮切りにミスが続いた。タンブリングシリーズを境に立て直し、トスアップ2-2-1+ショルダーストラドル2基、中盤でもトスアップ2-2-1×2基などを決めた。しかしM2のダンスを境に再び乱れ、エクステンション4基のうち1基を落とし、ラストの3-3-2も失敗。本来の力を発揮しきれず、悔いの残る大会になってしまったことだろう。

×[32] 日本体育大学荏原高等学校/BIG STONES(東京都)
14名での演技。出だしはトスアップテーブルトップ4-2-1。バスケットトスダブルトータッチ、タンブリングシリーズなどを挟んで、ハーフツイスト2-2-1+ショルダーストラドル2基をよく決めた。中盤ではトスアップ3-3-1バードを決めたのに続き、トスアップ1-1-1ヒールストレッチ2基もよく残した。M2に入ってからはエクステンションリバティ→スケール2基。ダンスを経て、ラストはツイストエレベーター2基+ショルダースタンド→1-1-1スタグ2基。昨年に続くフライデートーナメント進出は惜しくもならなかったが、捲土重来を期したい。

×[33] 国士舘高等学校/BRIGHTS(東京都)
CAIOC、都高等学校総合体育大会と、自分達の演技ができない状況が続く中で迎えた関東地区予選。今回も出だしでいきなりトスアップ2-2-1を失敗したのが響いたか、エクステンションリバティスイッチ3基のうち2基を落とすなど、ミスが続いた。1-1-1×2基のトスアップが弱く乱れたり、ショルダースタンドを上げきれなかったりと、基礎力が不十分ではないかと思われる場面もあった。どのようにして自分達の演技を取り戻すのかがまず課題になろう。

×[34] 神奈川県立生田東高等学校/WITS(神奈川県)
出だしはハーフツイスト2-2-1+ハーフツイストエレベーター。ジャンプ、タンブリングシリーズを挟んで、エクステンションリバティ3基のうち1基を落としたが、すぐに立て直し、ショルダースタンド+ステップアップ1-1-1×2基を決めた。中盤でもアームトスアップ1-1-1+ダブルベースサイスタンド2基、ステップアップ2-2-1×2基を丁寧に決め、エクステンションスコーピオン3基も成功。M2のダンスの後には2-2-1逆シャチ+ショルダースタンド2基。ラストはトスアップ2-2-1+エレベーター2基。

×[35] 作新学院高等学校/SHARKS(栃木県)
15名での演技。出だしのダブルベースサイスタンド+バスケットトストータッチ+エクステンションを皮切りに例年通りの堅実な演技運びが光った。中盤ではゆったりとしたコールに合わせてダブルベースサイスタンド+エレベーター+エクステンション+ショルダーストラドルにもっていき、ショルダーストラドル+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基も決めた。M2のダンスはキレがある。エレベーター2基ではトップを一度倒し再度起こす動作も。ラストの2-1-1サイドサイ+サイスタンドL2基までノーミス。

△[36] 法政大学高等学校/HURRICANES(東京都)
出だしはバックフリップ2基+レイアウトツイスト。タンブリングシリーズを挟んで、エクステンションヒールストレッチ4基、トスアップ3-3-2、フルツイスト2-2-1→1-1-1ヒールストレッチ2基+トスアップ2-2-1と順調な演技運び。中盤でもフルツイスト2-2-1+ショルダースタンド2基を決めたが、続くトスアップ1-1-1ヒールストレッチ+トスアップ1-1-1×2基のところで1基落下。エクステンションスコーピオン4基、M2のダンスの後にはショルダースタンド2基+ステップアップ1-1-1アラベスク2基を決めたが、そこからの2-2-1シャチ2基でうち1基が失敗。これらの失点が響いて今年もフライデートーナメントに回ることになった。昨年に続く決勝進出を果たすべく、安定性の向上を図りたい。

△[37] 日本大学習志野高等学校/VENUS(千葉県)
出だしはバスケットトストータッチ+フルツイスト2-2-1。タンブリングシリーズを挟んで、エクステンションヒールストレッチ4基、エレベーター2基+ショルダースタンド4基→2-2-1逆シャチ2基、トスアップ2-2-1×2基と、順調な演技運び。中盤でもトスアップ2-2-1+ショルダースタンド2基+地上2名のファン形シリーズからトスアップ1-1-1ヒールストレッチ2基+ステップアップ1-1-1ヒールストレッチにスムーズにもっていった。エレベーター4基(うち2基はツイストで上げる)、M2のダンス、バスケットトストータッチ3基などを経て、ラストの3-3-2ビッグMまでノーミス。
今年はフライデートーナメントに回るが、まずは確実に準決勝進出を決めたい。

△[38] 東京都立雪谷高等学校/COUGARS(東京都)
出だしはバスケットトスツイストトータッチ+フルツイスト2-2-1。タンブリングシリーズ、ステップアップ1-1-1スコーピオンを挟んで、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ2基+エクステンションヒールストレッチ2基を決め、トスアップ2-2-1×2基→1-1-1×2基+トスアップ1-1-1も何とか残した。中盤ではトスアップ2-2-1×2基→1-1-1×2基+ステップアップ1-1-1を決め、バスケットトス4基からはエクステンションアラベスク4基にもっていった。M2のダンス、バスケットトストータッチ2基+ショルダースタンド2基を経て、ラストはステップアップ1-1-1×2基+ハーフツイスト2-2-1でノーミス演技を締め括った。

×[39] 神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校/RACYS(神奈川県)
出だしでいきなりハーフツイスト2-2-1を失敗したが、続くトスアップ2-2-1は成功。バスケットトストータッチ+バックフリップ2基からはエレベーター→エクステンションヒールストレッチ3基に。ショルダースタンド3基+エクステンション2基からもステップアップ3-3-2にもっていった。中盤ではトスアップ2-2-1+ショルダースタンド2基を決めたが、続く1-1-1×2基のうち1基が崩れた。その後は立て直し、ラストのトスアップ2-2-1+ショルダーストラドル2基まで持ちこたえただけに、これらのミスが惜しまれる。

△[40] 日本女子大学附属高等学校/DAPPERS(神奈川県)
15名での演技。出だしはトスアップ3-3-2ビッグM。ジャンプ、タンブリングシリーズを挟んで、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ+エクステンションヒールストレッチ2基、ステップアップ1-1-1×2基+トスアップ1-1-1と、順調な演技運び。中盤でもトスアップ2-2-1×2基から1-1-1×2基+トスアップ1-1-1に展開し、エクステンションリバティ→スコーピオン→アラベスク3基も成功。M2のダンス、Xアウト、バックフリップ2基を経て、ラストはフルツイスト2-2-1+ショルダースタンド2基でノーミス演技を締め括った。JAPAN CUPにも期待したい。

△[41] 東京都立文京高等学校/CANBERRYS(東京都)
出だしはバックフリップ3基に続いてエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ4基を決め、タンブリングシリーズを挟んで、トスアップ1-1-1×2基+トスアップ1-1-1を決めた。中盤でもトスアップ2-2-1+ショルダースタンド2基、トスアップ1-1-1×2基+トスアップ1-1-1→アラベスク3基を見せた。エクステンションリバティ→アラベスク4基のうち1基を落としたが、以後には引きずらず、終盤のトスアップ3-3-1バード、ラストのツイスト2-2-1→両端ステップアップ2-2-3まで持ちこたえた。果たして今年も首尾よくフライデートーナメント進出。

△[42] 東京都立国際高等学校/RHYTHMS(東京都)
出だしの1.5回ツイスト2-2-1+ショルダースタンド2基は何とか決めたが、タンブリングシリーズを挟んでのエクステンションリバティスイッチ3基のところで1基落下。続くフルツイスト2-2-1×2基でもうち1基が失敗しトップがマットまで落下してしまった。中盤でもトスアップ1-1-1スコーピオン+ショルダースタンド4基→1-1-1ヒールストレッチ3基にもっていこうとしてそのうち1基を落とした。このようにミスが続く不本意な内容ではあったが、規定演技競技の得点でカバーし、辛うじてフライデートーナメント進出を決めた。完成度向上は急務だ。

△[43] 日本大学第一高等学校/BRIGHTS(東京都)
M1ではエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ2基+エクステンションヒールストレッチ2基に続き、ステップアップ3-3-2ビッグM、トスアップ2-2-1→両端ステップアップ2-2-3を決めた。中盤ではバックフリップ→エクステンションボーアンドアロー3基、4モーションを経て、フルツイスト2-2-1+ショルダースタンド2基、ステップアップ1-1-1アラベスク→ヒールストレッチ2基+トスアップ1-1-1と、順調な演技運び。エクステンションスコーピオン4基、M2のダンス、レイアウトを経て、ラストはトスアップ2-2-1×2基→中央トスアップ4-4-3。ノーミスの出来で、今年もフライデートーナメント進出を決めた。

△[44] 専修大学松戸高等学校/FLAPPERS(千葉県)
出だしはXアウト3基。ジャンプ、タンブリングを挟んで、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ4基、トスアップ1-1-1アラベスク→ヒールストレッチ2基+トスアップ1-1-1を決めた。中盤でもトータッチ2-2-1+ショルダースタンド2基、フルツイスト2-2-1→1-1-1ヒールストレッチ+トスアップ1-1-1ヒールストレッチ2基などを順調に決めたが、続くツイストエクステンション3基のうち2基を失敗。それでも以後には引きずらず、終盤の逆シャチ2-2-1×2基からハーフツイスト2-2-1を経てラストの両端ステップアップ2-2-3ヒールストレッチを決めた。
昨年は果たせなかった準決勝進出を今年こそは決めたい。

○[45] 恵泉女学園高等学校/BLAZERS(東京都)
出だしはXアウト3基からエクステンションリバティ→ヒールストレッチ3基にもっていこうとしたが1基落下。その後も4-4-3も決めきれず、BLAZERSらしくない立ち上がりとなった。しかし中盤ではXアウト+レイアウト+レイアウトツイスト、4モーション、ジャンプを経て、トスアップ2-2-1、トスアップ1-1-1+トスアップ1-1-1×2基→ヒールストレッチ3基、フルツイストエクステンションスコーピオン4基と、順調な演技運び。M2のダンスの後にはトスアップ1-1-1アラベスク、そしてラストはトスアップ2-2-1→両端ステップアップ2-2-3。
目指すは11年ぶりの決勝進出だ。

○[46] 神奈川県立茅ヶ崎高等学校/CHIGASAKI LANCERS(神奈川県)
出だしのバスケットトス3基、ジャンプ、タンブリングシリーズに続き、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ4基、トスアップ3-3-2、支持後転での2-2-1→両端トスアップ2-2-3と、順調な演技運び。中盤でもトータッチ1-1-1×2基、フルツイスト2-2-1×2基→1-1-1×2基+トスアップ2-2-1を決め、ツイストエクステンション2基+エクステンション2基からのスコーピオン→アラベスク4基も何とか持ちこたえた。M2のダンス、2-2-1逆シャチ2基などを経て、ラストはトスアップ1-1-1×2基+トスアップ2-2-1。
さあ、今年こそは決勝進出なるか。

△[47] 専修大学附属高等学校/BUDDY(東京都)
出だしはXアウト3基。タンブリングシリーズ、フルツイスト2-2-1を挟んで、エクステンションリバティスイッチ3基を何とか残し、トスアップ1-1-1×2基+トスアップ1-1-1も決めた。中盤でもトスアップ2-2-1×2基→1-1-1×2基+フルツイスト2-2-1、エクステンション2基+フルツイストエクステンション2基→アラベスク4基など順調な演技運び。M2のダンスを経て、ラストのトスアップ2-2-1→両端ステップアップ2-2-3までノーミス。
今年もフライデートーナメントからとなったが、昨年に続く準決勝進出はなるか。

△[48] 東京都立新宿高等学校/GLITTERS(東京都)
出だしはアラウンドザワールド+Xアウト2基。タンブリングシリーズ、ステップアップ1-1-1ボーアンドアロー、ジャンプを挟んで、エクステンションリバティ→ヒールストレッチ3基、フルツイスト2-2-1→両端ステップアップ2-2-3と、順調に決めていった。中盤でもアラウンドザワールド+レイアウト+Xアウト、4モーションなどを経て、トスアップ2-2-1×2基→1-1-1×2基+トスアップ1-1-1を決めた。M2のエクステンションアラベスク3基、ダンスを経て、ラストはトスアップ2-2-1×2基→1-1-1スタグ2基+トスアップ2-2-1。ほぼノーミスの出来で今年もフライデートーナメント進出を決めた。

○[49] 駒場学園高等学校/WITCHES(東京都)
出だしはXアウト+フルツイスト2-2-1。ジャンプ、タンブリングシリーズ、バスケットトスを挟んで、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ3基にいこうとしてそのうち1基を落とした。しかしその後は2-2-1逆シャチ2基、ハーフツイスト2-2-1×2基を決めるなど落ち着いていた。中盤でもフルツイスト2-2-1+ショルダースタンド2基を決め、トスアップ1-1-1×2基+ステップアップ1-1-1→ヒールストレッチ3基もよく残した。M2のエクステンションスコーピオン4基、ダンス、レイアウト2基を経て、ラストはトスアップ3-3-2。ノーミスとはいかなかったが、準決勝進出を決めた。

△[50] 駒澤大学高等学校/CIPHER(東京都)
出だしはトスアップ2-2-1から両端ステップアップ2-2-3に。ジャンプ、タンブリングシリーズ、バスケットトストータッチ2基を挟んで、エクステンションスコーピオン4基、ステップアップ1-1-1ヒールストレッチ3基を決めた。中盤ではトスアップ2-2-1×2基→1-1-1×2基+ショルダースタンド2基から中央トスアップ4-4-3にもっていった。エクステンションヒールストレッチ4基、ダンスを経て、ラストのステップアップ3-3-2までノーミス。チーム名に相応しい堅実な演技スタイルで今年もフライデートーナメント進出を決めた。
----------------------------------------------------------------
 

第19回関東選手権大会 兼 日本選手権大会関東地区予選 プレイバック(Part 2)

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月 1日(土)11時44分19秒
編集済
  続いては3日目のDIVISION1社会人の部、およびエキシビジョンの特別承認出場チームについてです。

---------------------[第19回関東選手権大会]---------------------
-----------[JAPAN CUP 2017 日本選手権大会関東地区予選]----------
(2017年6月25日=東京体育館)

【DIVISION1】
<社会人の部/自由演技競技>
優勝  ○[ 4] チアリーディングチームREGULUS/REGULUS(神奈川県)
男子6名を含む16名での演技。出だしのレイアウトツイスト3基に続き、エクステンションヒールストレッチスイッチ3基(うち1基は落としたが)+エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ2基、タンブリングからの2-2-1、タンブリングシリーズ、1.5回ツイスト2-2-1×2基→1-1-1ヒールストレッチ2基+ダブルツイスト1-1-1と、CAIOC同様に迫力十分の演技を堪能させた。中盤ではXアウト2基+Xアウトツイスト、ジャンプ、4モーションを経て、トータッチ1-1-1×2基+トータッチ1-1-1をよく残し、観客を沸かせた。さらにそこから移動で3-3-2→両端トスアップ3-3-4にキッチリもっていった。続くエクステンションキューピー5基も全て成功。M2のダンスの後はツイストトスアップで2-2-1シャチ2基を上げ、1.5回ツイスト2-2-1をよく残して両端トスアップでラストの2-2-3に。
ノーミスとはいかなかったが優勝を果たし、あらためてチームとしての充実ぶりを証明した。なお、規定演技競技のほうは第3位。

準優勝 ○[ 5] クラブチーム デビルス-A/DEVILS-A(神奈川県)
△[ 2] クラブチーム デビルス-B/DEVILS-B(神奈川県)
Aのほうは出だしのXアウト+レイアウトツイスト2基、ジャンプに続き、タンブリングシリースで観客を沸かせ、フルツイスト2-2-1、フルツイスト2-2-1×2基→1-1-1ヒールストレッチ2基→フルツイスト2-2-1とスムーズな演技運び。中盤ではエクステンションヒールストレッチ3基、ユニバーサル+バックフリップ+Xアウト、4モーションに続き、ユニバーサル+スプリット2基→1-1-1ヒールストレッチ+エクステンションヒールストレッチ2基をスムーズに決め、トスアップ1-1-1アラベスク→ヒールストレッチ2基の移動とユニバーサル1-1-1で観客を沸かせた。M2ではエクステンションリバティ→スコーピオン4基に続き見ごたえあるダンスを見せた。ラストの1-1-1×3基(両端2基はヒールストレッチ)までノーミス。なお、規定演技競技のほうは第1位。
Bのほうは9名での演技。出だしのトスアップ2-2-1をキッチリ決めると、以後もツイストエクステンションスケール2基、2-2-1シャチ→2-2-1と順調な演技運び。中盤でもエクステンション3基から移動で1-1-1+ショルダースタンド2基に。M2の激しいダンスとエクステンションヒールストレッチ+バスケットトストータッチを経て、ラストはトスアップ2-2-1。ノーミスの出来で、フライデートーナメント出場権獲得に繋げた。2チームがJAPAN CUPに進むのは3年ぶり。

第3位  △[10] クラブチーム ツイスターズ-A/TWISTERS-A(東京都)
×[ 6] クラブチーム ツイスターズ-B/TWISTERS-B(東京都)
出だしはレイアウトダブルツイスト3基。タンブリングシリーズを挟んで、リワインドエレベーター2基+リワインドエクステンション2基からエクステンションスコーピオン→ヒールストレッチスイッチ4基に。ダブルツイスト2-2-1×2基→1-1-1ヒールストレッチ2基+ダブルツイスト2-2-1も残した。中盤でもダブルツイスト2-2-1を何とか残して1.5回ツイスト3-3-2→1-1-1ヒールストレッチ2基にもっていき、さらにタンブリングからリワインド2-2-1を上げた。ツイストエクステンションスケール4基、M2の見ごたえあるダンスを経て、トータッチ1-1-1×2基+トータッチ1-1-1→3-3-2からラストの両端トスアップ3-3-4に。
落下の場面こそなかったが、1.5回以上のツイストでマウントする局面などでの完成度が不足していることがこの順位に繋がったようだ。JAPAN CUPではどの部門でもフライデートーナメントから優勝を果たした例はなく、社会人部門8連覇も危ぶまれるが、意地を見せたいところだ。なお、規定演技競技のほうは第2位。
Bのほうは14名での演技。M1ではトスアップ1-1-1アラベスク2基+ショルダースタンドから3-3-2逆シャチホコにもっていき、トスアップ3-3-2からは1-1-1×2基+トスアップ1-1-1に。中盤では1-1-1ヒールストレッチ2基+ステップアップ1-1-1でスケール3基にスムースにもっていった。さらに時間差リロード3基から時間差エクステンションアラベスク3基に。M2のダンスを経てラストはトスアップ2-2-1→両端トスアップ2-2-3を何とか残した。

△[ 1] クラブチーム RISING/RISING(神奈川県)
出だしはレイアウト+フルツイスト2-2-1。バックフリップ2基からは2-2-1逆シャチ2基にもっていき、そこからハーフツイスト2-2-1×2基を経て1-1-1×2基+トスアップ1-1-1→ヒールストレッチ3基にもっていった。中盤ではステップアップ1-1-1×2基+トスアップ1-1-1を上げ、両端2基でヒールストレッチ。時間差バックフリップ3基からはエクステンションスコーピオン4基に。ラストのステップアップ1-1-1×2基+トスアップ1-1-1までノーミスで、2年ぶりのフライデートーナメント復帰を決めた。

×[ 3] 世田谷チアリーディングJクラブ/BRONCOS(東京都)
11名での演技。出だしはハーフツイスト2-2-1をキッチリ決めたが、レイアウト、タンブリングシリーズを挟んで、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ2基のうち1基を落とした。中盤ではステップアップ1-1-1アラベスク2基→移動→1-1-1ヒールストレッチ2基を決めるなど立て直したかに見えたが、エクステンションアラベスク3基のうち1基を失敗。ラストはステップアップ1-1-1ヒールストレッチ2基を決めたが、上記のミスが響き、フライデートーナメント出場権にも届かなかった。JAPAN CUPに進出できないのは4年ぶり。

×[ 7] クラブチーム スターエンジェルス/STAR ANGELS(東京都)
10名での演技。出だしはトスアップ2-2-1をキッチリ決め、タンブリングシリーズとトスアップ1-1-1ボーアンドアローを挟んでツイストエレベーター→エクステンションアラベスク2基を決めた。しかしトスアップ2-2-1シャチを静止しきれず、ステップアップ2-1-1サイドサイヒールストレッチのキメも不十分。中盤でもステップアップ1-1-1×2基のうち1基が総崩れになるなどミスが目立った。ラストはエクステンション+ショルダースタンド2基→トスアップ2-2-1を決めたが、自分たちの納得いく演技には程遠かったのでは。

△[ 8] チアリーディングチーム BUBBLES/BUBBLES(東京都)
出だしはXアウト+レイアウトツイスト2基。タンブリングシリーズ+トスアップ1-1-1ヒールストレッチ、ジャンプ、エクステンションヒールストレッチ4基に続き、フルツイスト2-2-1×2基を何とか残して1-1-1ヒールストレッチ2基+フルツイスト2-2-1にもっていった。中盤ではトータッチ1-1-1×2基を決め、トスアップ1-1-1アラベスク2基からは移動で1-1-1×3基に。M2に入ってエクステンションを1基落とし、その後も1.5回ツイスト2-2-1が今一つ綺麗に決まらない場面もあったが、ラストの2-2-3までよく持ちこたえた。果たして今年もフライデートーナメント出場権獲得。

×[ 9] クラブチーム B&B/SPIDERS(東京都)
13名での演技。出だしはフルツイスト2-2-1。タンブリングシリーズを挟み、ステップアップ1-1-1アラベスク2基、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ2基を決め、ジャンプの後にはトスアップ2-2-1→両端ステップアップ2-2-3を丁寧に決めた。しかし中盤でハーフツイスト2-2-1の総崩れ。続くステップアップ1-1-1×2基も上げられなかった。エクステンションスコーピオン3基は何とか上げ、ラストのステップアップ1-1-1ヒールストレッチ2基+ステップアップ1-1-1ヒールストレッチも決めただけに、惜しまれた。

【エキシビジョン(特別承認チーム)】
<ジュニアスター>
[ 1] 用賀チアリーディングチーム/CHERRIES(東京都)
年長組~小学校6年生の20名での演技。M1ではダブルベースサイスタンド3基からエレベーターリバティ+ショルダーストラドル2基+サイスタンドリバティ2基に。中盤ではエレベーター+ダブルベースサイスタンド3基で「元気、勇気、笑顔」のチアコール。M2のダンスを経て、ラストはエレベーター+ダブルベースサイスタンド2基。アームモーションの同時性をもう少し高めていければ。
----------------------------------------------------------------
 

第19回関東選手権大会 兼 日本選手権大会関東地区予選 プレイバック(Part 1)

 投稿者:ハリー@管理人メール  投稿日:2017年 7月 1日(土)11時43分44秒
  今年の関東選手権大会は諸事情により2日目第1部と3日目しか観戦できませんでしたが、観戦できた範囲で出場チームの演技内容を振り返ってみたいと思います。
まずは2日目第1部からです。
なお、チーム名の前に付いている○とか×とかの記号は、それぞれ以下の意味です(以後も同様)。
 ●:日本選手権大会進出
 ○:日本選手権大会進出(準決勝)
 △:日本選手権大会進出(フライデートーナメント)
 ×:地区予選敗退
 技:技能賞受賞
 奨:奨励賞受賞
 敢:敢闘賞受賞

---------------------[第19回関東選手権大会]---------------------
-----------[JAPAN CUP 2017 日本選手権大会関東地区予選]----------
(2017年6月24日=東京体育館)

【DIVISION1】
<中学校の部/自由演技競技>
優勝  ○[10] 目白研心中学校-A/POLARIS-A(東京都)
×[ 4] 目白研心中学校-B/POLARIS-B(東京都)
優勝したAのほうは、タンブリングシリーズに始まり、キックダブル3基からエクステンションヒールストレッチスイッチ3基にキッチリもっていった。さらに前転ツイストを絡めてM形ピラミッドリバティ+ショルダースタンド2基に。中盤では1.5回ツイストエレベーター3基、4モーション、ジャンプなどを経て、バスケットトスツイストトータッチ2基+バスケットトスツイストトータッチ、M形ピラミッドリバティスイッチ→ヒールストレッチ+M形ピラミッドヒールストレッチの計2基の移動、フルツイストエクステンションスタグ4基→ツイストエクステンションスコーピオン4基と、見せ場を随所に作った。M2のダンスやキックダブルなどを経て、ラストはトータッチエレベーター+[エクステンションスケール+ショルダースタンド]2基でノーミス演技を締め括った。
Bのほうは13名での演技。M1のタンブリングシリーズでは観客を沸かせ、ユニバーサル2基からはエクステンションリバティ2基+バスケットトストータッチ→M形ピラミッドリバティにもっていった。中盤ではロングビーチを何とか残し、続く[エクステンションリバティ+ショルダーストラドル]2基の間をタンブリング。エクステンションスコーピオン2基+エレベーターアラベスク、ダンスを経て、ラストはM形ピラミッドにもっていった。

準優勝 ○[16] あつぎチアリーディングチーム/ATSUGI ALL☆STARS(神奈川県)
関東地区予選中学校の部初挑戦。出だしはバスケットトスダブルトータッチ+バスケットトスツイストトータッチ。タンブリングシリーズはツイストも含まれ鮮やかだった。その後エクステンションヒールストレッチ4基のうち1基落としたが、連続技でM形ピラミッドヒールストレッチ+エクステンションにもっていった。中盤では時間差キックダブル3基、ジャンプ、4モーションなどを経て、エクステンションリバティ2基からリロードを絡めてエレベーター3基(うち1基はダブルツイスト)に。[エクステンションスタグ+ショルダースタンド]3基では1基が一度落下したが建て直した。M2のダンス、全員バック転、ツイストエクステンションスコーピオン4基などを経て、ラストは[エクステンションL+エレベーター]2基。らしくないミスもあったが、準決勝までに完成度を高めていきたい。
規定演技競技のほうも第2位だった。

第3位  ○[12] SSC谷原アルファチアリーディングチーム/SSC ANGELS(東京都)
関東地区予選中学校の部初挑戦。出だしはキックダブル3基からエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ3基に。タンブリングシリーズを挟んで、エクステンションスコーピオン5基を対角線上に並べ、M形ピラミッドリバティも成功。中盤ではフルツイストエレベーター3基、トータッチエレベーター2基を上げたのに続き、M形ピラミッド2基を何とか残した。M2のダンスの合間にはバスケットトスを高々と飛ばした。ツイストエクステンション3基のうち1基を落としたが、ラストはM形ピラミッドヒールストレッチを決めた。初めての準決勝に向けては完成度の向上を図りたい。

△[ 1] 女子聖学院中学校/VIGORS(東京都)
出だしはバスケットトスダブルトータッチ+バスケットトスツイスト2基。タンブリングシリーズなどを挟んで、エクステンションリバティスイッチ→ヒールストレッチ2基+エクステンションヒールストレッチ2基、M形ピラミッドリバティスイッチ→スタグ+ショルダーストラドル2基と、順調な演技運び。中盤でもスプリット2基から[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]3基に展開。続くエクステンションリバティ5基のうち1基を落としたが、M2には引きずらず、ラストのM形ピラミッド+ショルダースタンド2基まで持ちこたえた。フライデートーナメント出場権獲得は2年ぶりとなる。

×[ 2] 千葉明徳中学校/HOPPERS Jr.(千葉県)
12名での演技。出だしはバスケットトストータッチ→エクステンションリバティ→ヒールストレッチ2基。ジャンプ、タンブリングシリーズを挟んで、エクステンション2基のうち1基を落としたが、続くエクステンション+ショルダーストラドル2基+ダブルベースサイスタンドは成功。中盤ではエクステンション+ショルダーストラドル2基でキックスケール。エレベーター2基からはハーフツイストでエクステンション2基にもっていき、さらに[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基の左右移動にもっていった。ラストはダブルベースサイスタンド+エクステンションキューピー。

△[ 3] 日本大学中学校/CHERRIES(神奈川県)
出だしはバスケットトストータッチ+バスケットトスツイストトータッチ2基からエクステンションヒールストレッチ3基に。ジャンプ、タンブリングシリーズ、バスケットトストータッチを挟んで、エレベーター+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基を決めた。しかし中盤でエクステンションヒールストレッチ3基のうち1基を落としたのを皮切りにミスが続いた。ラストはショルダースタンド3基に支持されての後転→エクステンションリバティ2基を決め、辛うじて今年もフライデートーナメント出場権獲得を守ったが、課題は残った。

○[ 5] 伊豆の国チアリーディングチーム/POWERFUL KIDS(静岡県)
男子1名を含む14名での演技。出だしでいきなりエクステンション3基のうち2基が失敗。その後はエクステンションリバティ→キックスケール4基、タンブリングシリーズ、ツイストエクステンション3基→M形ピラミッドヒールストレッチと順調な演技運びで、中盤でもフルツイストエクステンション3基→エクステンション+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基などを決めたが、続くM形ピラミッドではエクステンション2基を落下。ラストの[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基まで何とか持ちこたえ、規定演技競技では第1位となったこともあって、今年も準決勝進出を守ったが、課題は残った。
ベストマナー賞(2日目第1部)受賞。

×[ 6] 横浜富士見丘学園中等教育学校/DEER Jr.(神奈川県)
14名での演技。出だしはバスケットトストータッチ+ショルダーストラドル2基。ジャンプ、タンブリングシリーズを挟んで、エクステンションヒールストレッチ+サイスタンドヒールストレッチ2基、エレベーター2基+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]を決めた。中盤ではエレベーターハーフツイスト+ダブルベースサイスタンド2基からエクステンション+ショルダーストラドル2基→エクステンションアラベスク+ショルダーストラドル2基に。M2のエクステンションスコーピオン+サイスタンドスコーピオン2基、ダンスを経て、ラストはダブルベースサイスタンド+ショルダーストラドル2基+エクステンション。ほぼノーミス。

△[ 7] 横浜女学院中学校/GAZELLES(神奈川県)
出だしはユニバーサル2基+バスケットトスツイストからリロードを絡めてエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ3基に。タンブリングシリーズを挟んでM形ピラミッド+ショルダースタンド2基に。中盤ではバスケットトス3基からトータッチエレベーター→エクステンションヒールストレッチ3基にスムーズにもっていき、さらにM形ピラミッド2基にもっていった。エクステンションリバティ→アラベスク4基、ダンスを経て、ラストのM形ピラミッド+エクステンションリバティ2基でノーミス演技を締め括り歓声を浴びた。
昨年のJAPAN CUPでは第3位入賞。今年はフライデートーナメントに回るが、何としても突破し、昨年の再現を。

△[ 8] 広尾学園中学校/THUNDERS(東京都)
難易度の高さに完成度が追いつかず落下が多発した。序盤でフルツイストエクステンションリバティスイッチ3基のうち1基が落下。続くツイストエクステンションリバティ4基でもそのうち1基が上がらなかった。中盤でもバスケットトス3基からエレベーターにもっていこうとして1基失敗。M形ピラミッドにも中盤、ラストともっていけなかった。辛うじて今年もフライデートーナメント出場権獲得は守ったが、今年は例年よりも期間が短いだけに、建て直しは待ったなしだ。

△[ 9] THOUSAND LEAVES CHEERLEADING TEAM/J*BOLTS(千葉県)
M1ではエクステンションリバティスイッチヒールストレッチ4基のうち1基がスイッチで落下となったが、キックダブル3基からリロードや後転を絡めてエクステンション3基によくもっていった。中盤ではエクステンションスコーピオン5基からスケールにスムーズにもっていき、さらにバスケットトスダブルトータッチ2基+バスケットトストータッチを起点にM形ピラミッド2基に。M2に入ってエクステンションを1基を落としたが、終盤にはスムーズな連続技からロングビーチ→M形ピラミッドスタグ+ショルダーストラドル2基にもっていった。関東地区予選中学校の部初挑戦にしてフライデートーナメント出場権を勝ち取った。

×[11] 恵泉女学園中学校-B/BLAZERS-B(東京都)
△[14] 恵泉女学園中学校-A/BLAZERS-A(東京都)
Aのほうは、出だしのタンブリング、エクステンションキューピー前進に続き、バスケットトス3基からエクステンションリバティ→ヒールストレッチ3基にもっていった。続くM形ピラミッドは崩したが、中盤以後に引きずることなく、エクステンションキューピー3基、エクステンションキューピー→スコーピオン4基などをキッチリ決めた。M2のダンス、エレベーター+エクステンション2基でのスケールを経て、ラストはM形ピラミッドスタグ+ショルダーストラドル2基。第3位入賞となった規定演技競技も利いて、今年もフライデートーナメント出場権獲得。
Bのほうは、M1ではややゆったりとしたテンポで、時間差エレベーター→ヒールストレッチ3基、エレベーター+ショルダースタンドヒールストレッチ2基+ショルダースタンド2基を決めた。中盤ではテンポを上げた。エレベーター3基のうち1基を落としたが、エクステンション+エレベーター2基+ショルダーストラドル2基にはもっていけた。エレベータースコーピオン3基、ダンスを経て、ラストはロングビーチ+エクステンションキューピー。

×[13] 日本大学第一中学校/BRIGHTS(東京都)
14名での演技。M1はエクステンションヒールストレッチ3基のキメが中途半端になり、さらにエクステンションを1基失敗と、やや乱れ加減だった。中盤は調子を取り戻し、ショルダースタンド+エクステンションアラベスク2基からM形ピラミッドにもっていき、リロードを絡めてエクステンションリバティ→ヒールストレッチ4基に丁寧にもっていった。M2のダンス、エクステンションキックスケール3基を経て、ラストはM形ピラミッド+ショルダースタンド2基。上記のミスがなければ、、、と惜しまれる。

△[15] 横浜チアリーディングチーム/RAINBOWS!(神奈川県)
14名での演技。出だしのユニバーサル2基+キックダブルに続き、エクステンションリバティスイッチヒールストレッチ+エクステンションヒールストレッチスイッチ2基を決め、ロングビーチからはリロード、移動を絡めてダブルベースサイスタンド+エクステンションヒールストレッチ2基にもっていった。中盤ではバスケットトスダブルトータッチ3基を起点にエレベーター3基(うち2基は1.5回ツイスト)からリロードやスイッチを絡めてM形ピラミッドにもっていき、何とか残した。M2のダンス、バスケットトス、エレベーター+エクステンションボーアンドアロー2基を経て、ラストはショルダーストラドル+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基。関東地区予選中学校の部初挑戦にしてフライデートーナメント出場権を勝ち取った。

×[17] 帝京八王子中学校/HAWKS(東京都)
9名での演技。出だしはショルダースタンド2基に支持されてのエクステンションリバティスイッチ。ユニバーサル+エレベーターからはエクステンション+エレベーター+サイスタンドでリバティ->L。中盤ではハーフツイストエレベーター2基からスプリットを経てエクステンション2基にもっていき、さらにハーフツイストエレベーター2基からエクステンション2基に。終盤までは順調だったが、ラストでM形ピラミッドを決めきれなかったのは惜しい。

【自由演技競技小学校低学年の部】
<小学校低学年の部>
優勝  ●[ 2] こみねチアリーディングチーム/RABBITS(東京都)
男子1名を含む20名での演技。タンブリングシリーズに始まり、エレベーター3基を上げた。トータッチジャンプ2回を挟み、サイスタンド6基でのヒールストレッチ→スコーピオン→アラベスクを見せ、スモールロングビーチにゆっくりともっていった。中盤ではサインボードアピールの後方でショルダーストラドル5基→エレベーター3基+ショルダーストラドル2基。M2のダンスで演技終了。ノーミスの出来で優勝を決めた。

●[ 1] BURNERS Jr. チアリーディングクラブ/BURNERS(東京都)
10名での演技。出だしはエレベーター2基を丁寧に上げ、側転シリーズ、サイドキックに続き、サイスタンド2基などを見せた。中盤ではLスタンド3基からショルダーストラドル3基、さらにエレベーター2基に丁寧にもっていった。ラストのサイスタンドヒールストレッチ2基までノーミス。

●[ 3] 伊豆の国チアリーディングチーム/POWERFUL KIDS(静岡県)
17名での演技。出だしはスモールロングビーチ+エレベーター2基を丁寧に。タンブリングシリーズなどを挟み、ショルダーストラドル3基+エレベーター2基から移動でM形ピラミッドL+ショルダーストラドル2基に。中盤ではショルダーストラドル+エレベーター2基+ショルダーストラドル2基からM形ピラミッド→[エレベータースタグ+ショルダーストラドル]2基+ショルダーストラドルにスムーズにもっていった。ラストはエレベーターリバティ+ショルダーストラドル2基。時間規則違反による減点を除けばノーミス。

<小学校高学年の部>
優勝  ●[ 4] あつぎチアリーディングチーム/ATSUGI ALL☆STARS(神奈川県)
20名での演技。出だしはキックツイスト2基+キックツイスト。バック転シリーズ、エクステンションボーアンドアローに続き、エクステンションリバティ3基+ショルダースタンドリバティ2基→スコーピオン5基、M形ピラミッドリバティスイッチ→ヒールストレッチ+エレベーター2基を決めた。中盤ではバスケットトスダブルトータッチ3基、ジャンプ、4モーションを経て、エレベーターシリーズからリロードなどを絡めてエレベーター5基→エクステンション+[エクステンションスタグ+エレベーター]2基にもっていき、サイスタンド+エレベーター2基+エクステンション2基の各々でヒールストレッチと、目まぐるしく展開。M2のダンス、バスケットトストータッチを経て、リロードや移動を絡めてラストのM形ピラミッドヒールストレッチ+ダブルベースサイスタンドに。ラインオーバーによる減点を除けばノーミス。

準優勝 ●[ 2] URAWAチアリーディングクラブ/RED MONKEYS(埼玉県)
15名での演技。出だしはタンブリングシリーズとバスケットトスダブルトータッチ。キックツイスト+バスケットトストータッチ2基からはエクステンション+エレベーター2基でのリバティスイッチ→ヒールストレッチに。さらにエクステンションスコーピオン+ショルダースタンド2基から移動を経てエクステンションファンにスムーズにもっていった。中盤では落下しそうになる場面をも何とか持ちこたえて[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基+ショルダーストラドルにもっていった。M2のダンス、ツイストエクステンションリバティを経て、ラストはエクステンション2基+ショルダースタンド2基。

第3位  ●[ 3] 横浜チアリーディングチーム/RAINBOWS!(神奈川県)
20名での演技。出だしのジャンプ、タンブリングに続き、時間差ツイストエレベーター→エクステンションヒールストレッチ4基にもっていこうとしたがそのうち1基が落下。しかし以後には引きずらず、ユニバーサル+エレベーター2基からエレベーター+エクステンション2基+ショルダーストラドル2基のピラミッドにもっていくと、中盤でもエクステンション+エレベーター2基+ダブルベースサイスタンド2基からのM形ピラミッド+エクステンションスタグ2基を何とか残した。M2のダンスを経て、ラストはM形ピラミッドリバティスイッチ→スタグ+ショルダーストラドル2基。ラインオーバーによる減点あり。

●[ 1] BURNERS Jr. チアリーディングクラブ/BURNERS(東京都)
19名での演技。タンブリングシリーズに始まり、バスケットトス+サイスタンド4基からエクステンション+エレベータースタグ2基+ダブルベースサイスタンド2基にもっていった。中盤ではエレベーター4基の移動からそのうち1基がダブルベースサイスタンドに、1基がエクステンションとなり、そこからショルダーストラドル2基+エレベーター2基+エクステンションのシリーズに。M2では赤・青のポンを使った鮮やかで軽快なダンスを見せた。ラストはロングビーチ+ショルダーストラドル2基。

●[ 5] 伊豆の国チアリーディングチーム/POWERFUL KIDS(静岡県)
男子2名を含む19名での演技。M1ではタンブリングシリーズに続いてエクステンション+ショルダースタンド2基+Lスタンド2基→M形ピラミッドスタグ+ショルダーストラドル2基にスムーズにもっていった。中盤ではサイスタンドスコーピオン3基+エクステンションスコーピオン2基、ジャンプ、4モーションに続いてツイストエレベーター4基→エクステンション+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基を決めた。M2のダンスの後にはバスケットトス2基+ツイストエクステンションからスプリット→エレベーター3基にもっていき、ラストはエクステンション+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基。

【エキシビジョン】
<ジュニアスター>
奨[ 1] 相模キッズチアリーディングクラブ/GRAMPUS(神奈川県)
小学校2年生~中学校2年生で編成。出だしはエクステンションヒールストレッチスイッチ+エレベーターヒールストレッチ2基。バスケットトス、タンブリングシリーズ、エクステンションスコーピオンを挟んで、[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基+[エレベータースタグ+ショルダーストラドル]を決めた。中盤はフルツイストでエクステンション+エレベーター2基を上げ、一度トップを後方に倒して再度起こす動作を経て、M形ピラミッド+ショルダーストラドル2基にもっていった。M2の力強いダンスなどを経て、ラストはM形ピラミッドスケール。

技[ 2] URAWAチアリーディングクラブ/RED MONKEYS(埼玉県)
小学校2年生~中学校3年生で編成。出だしはバスケットトス→エクステンションリバティ2基+シャチ移動。ショルダースタンド4基からエクステンションキューピー2基に。中盤ではエレベーター→スプリット→エクステンション3基とレベルチェンジし、M形ピラミッド+エレベータースタグ2基も決めた。M2のダイナミックなダンスを挟んで、時間差ツイスト上げでラストのショルダーストラドル+エレベーター+エクステンションに。

-[ 3] 熊谷チアリーディングチーム/DREAMS(埼玉県)
5歳児~中学校1年生で編成。13名での演技。出だしはバスケットトストータッチ。タンブリングシリーズを挟んで、エクステンション+エレベーター+サイスタンドの各々でリバティ。中盤ではスローテンポなコールに合わせて(エレベーター→)エクステンション2基+ショルダーストラドル2基に。M2のダンスを挟んで、ラストはエクステンション+サイスタンドヒールストレッチ2基。

-[ 4] 足利チアリーディングチーム/CHIPPERS(栃木県)
小学校1年生~中学校3年生の20名での演技。出だしのバスケットトス3基からサイスタンド2基+エレベーター+エクステンション2基にもっていこうとしてそのうち1基を失敗したが、以後には引きずらなかった。アラウンドザワールド2基などを経てダブルベースサイスタンド+[エクステンションリバティ+ショルダースタンド]2基に。中盤ではアップテンポなコール、動作でロングビーチ+スプリット2基を決めた。M2のダンス、キックツイスト、時間差サイスタンドヒールストレッチ2基を経て、ラストはエクステンション3基+ダブルベースサイスタンド。

技[ 5] まつばチアリーディングクラブ/CUPIES(東京都)
小学校3年生~中学校3年生の18名での演技。ジャンプ、タンブリングに始まり、エクステンションリバティスイッチ2基+ショルダースタンド2基からM形ピラミッドスタグ+ショルダースタンド2基に素早くもっていった。中盤ではリロード、移動を絡めてエクステンション4基からロングビーチにもっていき、さらに[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]3基移動に。M2ではツイストエクステンションリバティ→スコーピオン4基、ダンスを経て、ラストのM形ピラミッド+ショルダースタンドスタグ2基に。

-[ 6] 神奈川チアリーディングクラブ-B/RABBITS-B(神奈川県)
-[ 9] 神奈川チアリーディングクラブ-A/RABBITS-A(神奈川県)
Aのほうは小学校5年生~高等学校1年生の18名での演技。出だしは[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基。タンブリングシリーズを挟んで、時間差ウォークアップエレベーター3基からエクステンション2基+エレベーター+ダブルベースサイスタンドに。中盤はスムーズな移動、展開で[エレベーターL+ショルダーストラドル]2基もっていった。M2のダンスを挟んで、ラストは[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基に。ほぼノーミス。
Bのほうは小学校1年生~中学校1年生の18名での演技。出だしはバスケットトス+M形ピラミッドヒールストレッチからエクステンションリバティスイッチ→ヒールストレッチ+エクステンションヒールストレッチ2基。タンブリングシリーズと平行してエクステンションを上げ、バスケットトス2基からエクステンションアラベスク3基にもっていった。続くM形ピラミッドは失敗したが、中盤ではバスケットトス3基を起点としたM形ピラミッド2基を何とか残した。M2のエクステンションスコーピオン2基+エクステンションリバティ2基、ダンスを経て、ラストはエクステンション+エレベーター2基+ショルダーストラドル2基→エレベーター+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基。

-[ 7] こみねチアリーディングチーム/RABBITS(東京都)
小学校1~6年生の14名での演技。出だしはエクステンション+ツイストエレベーター2基から時間差リロード。ジャンプ、タンブリングシリーズを挟んでエレベーター3基に。中盤ではM形ピラミッドからショルダーストラドル3基前進+エクステンション2基に。M2ではサイスタンド2基+エレベーター2基からスコーピオン→アラベスク4基にもっていき、ダンスで演技を締め括った。

-[ 8] THOUSAND LEAVES CHEERLEADING TEAM-A/J*BOLTS-A(千葉県)
-[10] THOUSAND LEAVES CHEERLEADING TEAM-B/J*BOLTS-B(千葉県)
Aのほうは小学校3年生~中学校1年生の16名での演技。出だしはバスケットトス2基。タンブリングシリーズを挟んで、連続技からM形ピラミッドスタグ+ショルダーストラドル2基にスムーズにもっていった。中盤ではダブルベースサイスタンド+ユニバーサル2基からエクステンション+エレベーター2基→エレベータースタグ+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基に。M2では緑ポンを使ったダンスの合間にキックツイスト。ラストはエレベーター2基+ショルダーストラドル+エクステンション2基。
Bのほうは小学校1~6年生での編成で、男子1名を含む17名での演技。出だしは時間差エレベーター4基をキッチリ上げた。タンブリングシリーズを挟んでショルダーストラドル→ウェディング8基。M形ピラミッド+ショルダーストラドル2基も決めた。中盤ではショルダーストラドル+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基。M2では黄緑ポンを使ったダンスの後にスプリット2基の左右移動とエレベーター2基。そこからラストのエレベーター+ショルダーストラドル2基+エクステンション2基にもっていった。

敢[11] MHSジュニアチアリーディングクラブ/KIDDY CATS(埼玉県)
小学校4年生~中学校2年生の17名での演技。出だしはユニバーサル+バスケットトスダブルトータッチ2基。タンブリングシリーズ、エクステンションキックスコーピオンを挟んで、エクステンションリバティ3基→時間差リロード→エクステンション3基からロングビーチ+ダブルベースサイスタンドにスムーズにもっていった。中盤ではエレベーター+[エクステンションL+ショルダーストラドル]2基からダブルベースサイスタンド+エクステンションリバティ+[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]2基にスムーズにもっていった。ラストのM形ピラミッド+エクステンションまでほぼノーミス。

敢[12] 日本女子体育大学総合型地域スポーツクラブニチジョクラブ/COWBOYS(東京都)
小学校4年生~中学校3年生の23名での演技。M1ではエレベーター→スプリット3基、タンブリングシリーズに続き、スタンツシリーズから[エクステンション+ショルダースタンド]2基にもっていった。中盤ではエレベーター5基(うち2基はツイストで上げた)から移動でM形ピラミッドスタグ+エレベーター2基に。M2ではエクステンション+エレベーター2基+サイスタンド2基でリバティ→ヒールストレッチ。ダンスの最後にチェアを見せて演技を締め括った。ほぼノーミス。

<中学校の部>
技[ 1] 法政大学第二中学校/LITTLE MERMAIDS(神奈川県)
昨年の男女共学化と同時に高等学校チーム(チーム名はMERMAIDS)とともに発足し、初めての競技会参加。16名での演技。M1ではエレベーター4基でリバティ→ヒールストレッチとキッチリもっていき、ダブルベースサイスタンド+ロングビーチもスムーズに決めた。中盤ではエレベーター3基+バスケットトストータッチからダブルベースサイスタンド+エレベーター2基+エクステンション2基を経てM形ピラミッドスタグ+ショルダースタンド2基にもっていった。ラストのエレベーター+[エクステンションL+ショルダースタンド]2基までノーミス。

-[ 2] 太田区立東調布中学校/TREASURES(東京都)
10名での演技。出だしは右左サイドキック。サイスタンドヒールストレッチ3基、ショルダーストラドル5基(うち2基はウェディングに)→エレベーター2基と順調に決め、中盤ではエレベーター2基からスプリットなどを経てエクステンション2基にレベルチェンジ。M2のダンスにはスピード感が出てきた。終盤のブランコ上げからのエレベーター2基からラストのエレベータースタグ2基+ショルダーストラドルにもっていき、何とか残した。
昨年暮れの全日本中学校選手権大会に続いて2回目の競技会参加だったが、確実にレベルアップした跡が見られた。

<中高混成の部>
-[ 1] 恵泉女学園中学校・高等学校/BLAZERS(東京都)
中学生6名、高校生4名の計10名での演技。出だしはエクステンションファン。タンブリングシリーズを挟んで[エクステンションスタグ+ショルダーストラドル]+ショルダーストラドルを決めた。中盤ではエレベーター+エクステンションでアラベスク。M2のダンスを経て、ラストはエレベーターハーフツイスト2基からエクステンションリバティ2基に。

-[ 2] 立正大学付属立正中学校・高等学校/FANCYS(東京都)
中学生6名、高校生7名の計13名での演技。M1ではスモール2-2-1+ショルダーストラドル(→ウェディング)2基を決めた。しかし中盤ではサイスタンドスタグ2基+ショルダースタンド2基から2-1-1タワー×2基にもっていこうとしたが1基崩れた。その後もミスが続き、ラストのテーブルトップも失敗。
----------------------------------------------------------------
 

(無題)

 投稿者:りんパパ  投稿日:2017年 6月26日(月)11時32分38秒
  はじめて投稿します。
ハリーさん、いつも覗かせていただいております。娘が高校1年生からチアをはじめてから現在まで7年間チアを応援させていただいています。今回から会場が変更となり、やや圧迫感を感じました。
他の方々も投稿されていたよう、年々マナーの悪さが目立っているような感じがします。子どもたちもそうですが、応援に来る親もかなり身勝手な方が多いように感じました。学校を通じてチケットを購入するのですから、観戦・応援のルールとマナーをしっかりと教える事が大切だと思います。協会もチアをメジャーにしたいという意図は分かりますが、底辺部分をしっかりと固めておかないといけないと感じています。
娘がチアに関わり他のスポーツには無い素晴らしさを感じ、一人でも多くの子どもたちにチアを知ってもらいたく、地域のイベントなどにチアを呼び演技を子どもたちに見せています。
今後も、チアを応援していきたいと思います。ハリーさんも頑張ってください。
 

ご返信ありがとうございます

 投稿者:チアファン  投稿日:2017年 6月25日(日)23時54分18秒
  ハリーさん、ご丁寧にありがとうございます。
毎回の演技コメントを非常に楽しみに拝見させていただいています。
JapanCupも同会場で開催され、楽しみな反面、チケットが確保できるかという不安もあります。
協会の方々も選手席の方はルールを遵守するよう指導されているようですが、観客席までは目が行き届いていないという印象を抱きました。
代々木第一の頃は応援のチアリーダーの皆様は座席の下のフロアで休憩や食事を取られていましたが、その頃と同じ感覚で通路でチーム単位で固まって座っていたみたいですね。
チアリーディンクの大会は観客の多くが家族やチーム関係者なので、他のスポーツの大会よりも公共の場という意識が薄いのかもしれませんが、いずれにせよ現役のチアリーダーの方々には、会場マナーを守っていただきたいと強く思います。
ハリーさんの仰るとおり、JapanCupは大会規模も大きく観客の動員も多くなるので、少しでも懸念事項を解消していければと思います。
 

/259