teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


■こんな凄いことが!■

 投稿者:マジェスト  投稿日:2003年 9月 3日(水)14時34分4秒
  私がもらったチャンス!
だから、あなたにも教えてあげる
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=majesto
 
 

はじめまして

 投稿者:匿名希望  投稿日:2003年 8月20日(水)16時50分10秒
  書評を参考にして読む本を探していたのですが、ネタバレの感想がありショックです。
読む気が失せました。
自己満足のサイトですね。
もう来ません。。。
 

久し振りですね

 投稿者:あんどろめだ  投稿日:2002年12月26日(木)19時20分33秒
  時々眺めていましたが、しばらく新しい本の更新がありませんでしたね。
最近『滅びのモノクローム』と『グレイヴディッガー』が登場しましたが、評価が大きく分かれているので、5点がついている方を、読んでみようかと思っています。
また、面白い本を紹介してください。
 

石川さんに質問

 投稿者:由良小三郎  投稿日:2002年 4月23日(火)22時29分46秒
  藤本泉について、缶ポストさんにメール送った小三郎といいます。藤本さんの略歴は推理小説より謎でして、くわしい石川さんに教えていただきたいことがたくさんあります。
一つは学歴でして、生年からいえば、普通に大学に入学していれば、戦時真っ只中だし、日大というのはその当時、どんな大学だったのか、結婚はもうしていたみたいだし、どうも普通に女学生になっていられるような時代である気がしないので、ここにも何かドラマがありそうな気がするのです。「人形の家」みたいな・・。戦後の混乱のなかで古い田舎の家庭をとびだして学生になった女性みたいな話を感じます。
 

【藤本泉と私】

 投稿者:石川誠壱メール  投稿日:2002年 4月23日(火)05時37分26秒
  はじめまして。

篠田節子『聖域』のところでリンクされている
【藤本泉と私】を製作しております、石川誠壱と申します。

検索していて、偶然こちらを発見し、ちょっと驚いております。

私のサイト内の「略歴」というのは、
藤本泉の著書それぞれの、文庫解説や、本人の「あとがき」を
つなぎあわせただけなのですが
(やたらと「諸説アリ」なのも、それが理由です)
そんなものでも、お役に立てたのでしたら幸いです。

ちなみに、藤本泉が「新左翼方面の思想へ進んだ」については、
60年代の政治の季節に
「自宅に下宿させていた学生から、オルグされた」というのが理由だそうです。
(もしかしたら、その学生が笠井潔氏だったのでは…のような自由な想像も、たしかに可能ですね)
その影響下から、処女長篇『東京ゲリラ戦線』は執筆されているわけですが、
同書は、当時に過激派によるテロ事件が勃発するたびに、
実際の事件と作品との関係が、週刊誌などのマスコミで取り沙汰されていたらしい。

まあ、ともかく私自身は、
まだ藤本泉について研究しはじめて1年にも満たない弱輩者ですし、
全作品を読破できているわけでもないので、
ネットのあちこちに点在しているらしき、藤本泉に興味をお持ちの皆様から、
むしろ教えを乞いたい、そんな立場でおります。

そういう意味で、本当に藤本泉に心酔しておられる篠田節子さんの情熱には、
まったく頭が下がります。
『聖域』については、私も「あれは、篠田さん流の、一解釈」だと思っているのですが、
できればモデル小説『聖域』に続けて、
篠田さんの熱心な取材の成果が活かされた
『ノンフィクション・藤本泉』が読んでみたいものだ、と今後に期待しています。

長々と失礼しました。

私のサイトでは【藤本泉と私】の他にも、
さまざまな内容を取り扱っておりますので、
よろしければ御覧になってみてください。
(あまり、小説・小説家について触れたページは、多くないのですが。
 私の専門は芸能、演芸のほうの領域なので、
 【藤本泉】のようなページのほうが、むしろ傍流です)

*

「投稿フォーム」からの書き込みに、何度か失敗いたしました。

もし、これと同じ内容のメールが何通も届いているようでしたら、ごめんなさい。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1814/door.html

 

殺人の棋譜訂正

 投稿者:缶ぽすとメール  投稿日:2002年 1月 9日(水)23時52分3秒
  机の脚さん、ご指摘ありがとうございます。
確かに「殺人の棋譜」の本文中に、お勧め度が抜けていました。表紙の写真の上には赤い星が3つ並んでいるので分かりますが、申し訳ありませんでした。
早速訂正いたしました。
今後もよろしくご愛読ください。
by 缶ぽすと
 

殺人の棋譜について

 投稿者:机の脚  投稿日:2002年 1月 7日(月)12時41分41秒
  本文の中にお勧め度がないです。どうしてくれるんですか  

過激な無差別テロを許すな

 投稿者:缶ぽすとメール  投稿日:2001年 9月16日(日)21時55分56秒
  9月11日に米国で発生した無差別テロに対して、下のURLに意見を書きましたので、ご覧ください。
皆さんの意見もこの掲示板に書いてください。

http://can.pos.to/sho/kinkyu.htm

 

All About Japan で紹介された

 投稿者:缶ぽすとメール  投稿日:2001年 4月21日(土)23時59分53秒
  ジャンル別サイト紹介の All About Japanのミステリー紹介のコーナーで「缶ぽすと」の書評缶が取り上げられました。ここで紹介してもしょうがないのだけれど、これでアクセス数が一気に倍増か?
URLは下の通り。
http://allabout.co.jp/entertainment/mysterynovel/subject/msub_revp.htm

http://allabout.co.jp/entertainment/mysterynovel/subject/msub_revp.htm

 

MISSING by 本多孝好 ?

 投稿者:缶ぽすとメール  投稿日:2001年 4月14日(土)19時01分41秒
  本多孝好ですか? 知らない作家ですね。 今度探して読んで見ます。
ありがとうございます。
ひょっとして、「女性のBOSSはChair」さんは、某社の「Tっち」さんではないですか?違っていたらごめん。
「缶ぽすと」のこれからの読書予定として、帚木蓬生の『賞の柩』、東野圭吾の『秘密』『白夜行』を用意しています。
順次掲載していきますので、よろしく。
 

レンタル掲示板
/3